1. まとめトップ

満州国カラー写真とその歴史

当時の彩色写真を集めました。イラストや白黒写真もあります。簡単な歴史も学べます。2015/4/18日露戦争時の満洲カラー写真を追加。

更新日: 2015年12月19日

29 お気に入り 396311 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

著作権切れのアンティーク画像と古写真を収集しています。http://kosyasin.blogspot.jp/(古写真紹介ブログ)  http://publicdomain-sozai.blogspot.jp/(アンティーク画像紹介ブログ)

cobaltblueさん

満州国とは

16世紀、部族長の一人、ヌルハチは他の部族を統一。民族名を満州に変え、金を引き継ぐという意味で国号を後金とし、明に対して宣戦を布告するのです。
国号はヌルハチの子、ホンタイジによって清となり、清は明に代わって中国全土を支配するようになります。
清は五代皇帝・乾隆帝の時、最盛期を迎えます。しかしその後は急速に衰退し、欧米諸国や日本の侵略を受け、悲惨な時代が長く続くのです。
そして20世紀。
清王朝滅亡後、満州の地には女真族の子孫を元首とし、わずか13年と5ヵ月で消えて行った満州国という国があったのです。

満州国は、1932年から1945年の間、満州(現在の中国東北部)に存在した国家。帝政移行後は「大満州帝国(大滿洲帝國)」あるいは「満州帝国」などと呼ばれていた。
日本(朝鮮、関東州)および中華民国、ソビエト連邦、モンゴル人民共和国、蒙古聯合自治政府(後に蒙古自治邦政府と改称)と国境を接していた。

20世紀初頭、満州は日本の生命線と呼ばれていました。北にロシア帝国の脅威があったためです。日露戦争でかろうじて勝利したことで、割譲されたのが遼東半島でした。

滅亡した清王朝ですが、その後国を統治した中華民国の政治は民衆に不評でした。清朝の時代よりも生活が貧しくなり、外国から侵略され、清朝の復位を願うようになったのです。
当時、中華民国の優待を受けていた清の最後の皇帝、溥儀が復辟を企てるものの失敗。紫禁城を追われた皇帝たちが行き着いた先が、天津租界でした。

そのころ、満州人で馬賊出身の将軍、張作霖が満州国を建国しようとしますが、国民党軍に敗れてしまいます。彼を支援していた日本政府が見限り、関東軍が謀殺したといわれているのが、張作霖爆殺事件。その後、満州事変が起こり、満州を制圧した日本が建国したのが、満州国です。

満州国の執政、のち皇帝に即位した、溥儀。彼は日本を利用して、満州国を統治しようとしたのですが、権力はなく、お飾りの傀儡皇帝にすぎませんでした。
その後、日本が敗戦し、満州国は滅亡したのです。わずか13年足らず。幻の帝国でした。

満州は中央部は農業中心でしたが、周辺の草原、山岳地帯には鉄鉱、炭田、油田があり、これを利用する産業が発展しました。日本政府主導による経済政策は成功をおさめ、重工業を中心とする産業が急速に発展していったのです。

満州国建国後、数年のうちに人口が急増します。漢族や日本人だけでなく、外国からもたくさんの人々が豊かさを求めてやってきました。なかには革命から逃れたロシア貴族や、迫害されたユダヤ人たちもいました。

代表的な企業に、南満州鉄道(満鉄)があります。鉄道を始めとして、ホテル、港湾、電力等のインフラ、映画といった幅広い経営をしていました。

満州国にまつわる人々

清朝第12代にして最後の皇帝(在位:1908年12月2日 - 1912年2月12日)、後に満洲国皇帝(在位:1934年3月1日 - 1945年8月18日)(ウィキペディアより引用)

旧満州国皇帝羅溥儀の実弟、清朝光緒帝の弟醇親王載澧の次男。来日して学習院高等科・陸軍士官学校・陸大に学ぶ。旧満州国宮内侍従武官に任じられる。嵯峨公爵家浩と結婚。(ウィキペディアより引用)

中国清朝末の皇族粛(しゅく)親王善耆(ぜんき)の第14王女。金璧輝(きんへきき)とも名乗る。1914年大陸浪人川島浪速(なにわ)の養女となり,日本で教育を受ける。(1907-1948) (百科事典マイペディアより引用)

東洋のマタハリ、ジャンヌ・ダルクと呼ばれた男装のスパイ。

大正9年2月12日中国奉天(現瀋陽)生まれ。昭和13年満映にはいり,李香蘭(り-こうらん)の名でデビュー。「白蘭の歌」「支那の夜」などの映画に出演,劇中主題歌もうたって人気をえた。21年帰国して改名(日本人名大辞典+Plusより引用)

2014年現在、ご存命です。ブログの写真見たら90歳とは思えない美貌でびっくりしました。

追記。
2014/9/15他界されました。お悔やみ申し上げます。

明治24年1月26日生まれ。大正12年東京麹町(こうじまち)憲兵分隊長(憲兵大尉)となり,関東大震災の混乱に乗じて大杉栄,伊藤野枝らを殺害し,懲役10年の刑をうける(甘粕事件)。昭和4年満州(中国東北部)にわたり,満州国建国に関与。のち満州映画協会理事長。昭和20年8月20日新京(現長春)で自殺。(日本人名大辞典+Plusより引用)

満州国を描いたイラスト

夫に愛されなかった婉容はアヘン中毒になり、40歳で亡くなります。

わずか2年足らずで、233,300人⇒276,100人もの日本人が移住したのがわかります。

1905年。日露戦争当時のイラスト。

鴨緑江を越えても外国に来た気をせずと民国の人と仲よくして蒙古までも進もうではありませぬか。明るい楽土建設のために。

五族協和と王道楽土を歌った絵葉書。満州人、蒙古人、漢人、日本人、朝鮮人からなる。

満州国写真

1 2 3 4 5 6 7