滅亡した清王朝ですが、その後国を統治した中華民国の政治は民衆に不評でした。清朝の時代よりも生活が貧しくなり、外国から侵略され、清朝の復位を願うようになったのです。
当時、中華民国の優待を受けていた清の最後の皇帝、溥儀が復辟を企てるものの失敗。紫禁城を追われた皇帝たちが行き着いた先が、天津租界でした。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

満州国カラー写真とその歴史

当時の彩色写真を集めました。イラストや白黒写真もあります。簡単な歴史も学べます。2015/4/18日露戦争時の満洲カラー写真を追加。

このまとめを見る