1. まとめトップ

【史上最悪のいじめ】市邨いじめ自殺事件 まとめ【学校ぐるみ】

マスコミでは靴に画鋲を敷き詰められた事、罵詈雑言を浴びせられた事しか書かれていませんでしたが、実際はもっと凄惨ないじめが繰り広げられていました。このいじめで被害者は重いPTSDを発症し、解離性同一性障害(多重人格)を発症し死に追いやられました。

更新日: 2014年05月26日

10 お気に入り 63638 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

netouyoさん

【史上最悪のいじめ】市邨いじめ自殺事件 まとめ【学校ぐるみ】

加害者のいじめの数々
1)「うざい」「、きもい」「、死ね」、 「臭い」、 「まだ生きているのか」、 「反吐が出るから学校に来るな」、「お前の顔を見ると反吐が出る」、「鼻の脂」、 「ブス」、 「デブ」、 「天パー」、 「毛が濃い」、 「眉毛が濃い」、「眉毛が太すぎなんだよ」「顔に油ういとるけど」「変な顔で学校に来るな」等、容貌の中傷を含む言葉の暴力を日常的にやり続ける、名誉毀損罪、脅迫罪
2)シカト、仲間はずれ、
3)机やいすに「死ね」とチョークで書く、名誉毀損罪
4)ロッカー内に保管してあった教科書を抜き取る、窃盗罪
5)ロッカーに保管していたアイドルのポスターをびりびりに破る、器物損壊罪

「死ね」や「うざい」は同じクラスの者、全員に言われていた。

6)「空気が汚れる」、「臭い」等、美桜子さんを汚物扱いし、廊下、教室の窓を開けて「空気の入れ換え」をする、名誉毀損罪(場合に寄れば侮辱罪)(1年修了式当日の朝も加害生徒達は、美桜子さんを汚物扱いし、空気の入れ換えをやっています。)
7)下駄箱に画鋲を撒き、靴の中に画鋲をびっしり貼り付ける、傷害罪
8)掲示してあった学級写真の美桜子さんの顔を黒く塗りつぶす、侮辱罪
9)机を教室の外に出す、侮辱罪
1 0)週番(日直)時、黒板の名前の下に「死ね」と書く、名誉毀損罪

1 1)クラブ活動中、机の上に置いてあった美桜子さんのスカートを切る、器物損壊罪
12)教科書、ノートに「うざい」、「きもい」、「死ね」等、落書きする、名誉毀損罪、器物損壊罪
1 3)トイレに入っているときに上から水をかける、傷害罪
1 4)黒板に醜い顔(=美桜子さん)を書き、上履きを顔に向かって投げつける、侮辱罪
1 5)机、鞄を蹴って、汚れをつける、器物損壊罪
1 6)クラスで写真撮影した際、美桜子さんにカメラを渡し、一緒に写真を写さない、侮辱罪

これを見てお分かりの通りですが、担任教師も加担しています。
スカートを切り裂くとか、痴漢だよね・・・と同級生が話してました。

1 7)掃除の時に、美桜子さんの机の下にゴミを集める、侮辱罪
18)バトンの部活で、先輩や仲間に囲まれ、一人でバトンの練習をさせられた、名誉毀損罪、強要罪
19)先輩が美桜子さんの投げたバトンの落ちてくる場所にわざわざ移動し、バトンが自分にあたったと泣いたため、美桜子さんが部員から悪者扱いされる、、偽証罪
20)バトンの大会直前、美桜子さんのおばあちゃんが作ったマーチング用の備品が壊される、器物損壊罪(そのため、美桜子さんは大会を断念し、バトン部をやめています。)
21)机にチョークの粉をばらまく、器物損壊罪
22)画鋲を敷き詰めた椅子に座らせる、暴行罪(怪我をしているのなら傷害罪)
23)更に、転校後もなお、携帯電話に無言電話や「新しい中学に行っても、そこの友達に連絡していじめてやる」などの脅しなどの嫌がらせをする、脅迫罪
24)授業中の被害者の意見に対し、大声で「今日もうざいんだけど」「うるさい」など、離れた席の者同士で会話する、名誉毀損罪、侮辱罪
等々ですが、生前の美桜子さんは「ママに言うと悲しむから、言ってないこともたくさんあるよ」とお母さんに語っています。

これでお分かりかもしれませんが、犯人は、2002年当時、被害者と同じバトン部員だった者、同じクラスだった者全員です。
これでもキツイのにまだあるとは・・・

加害者

共犯者とも言うべき人物

2002年当時、バトン部員だった者、全員

1-Aの者全員なんか、まだいい方で、こっちはもう立派な殺人犯です。
濡れ衣を着せて責め立てたり、1人でバトンの練習を強要したり・・・

その他のまとめ

この犯人どもは一度はいじめ行為を認め謝罪したのに、裁判では「いじめはなかった」と偽証をしました。
現在、名古屋県警が、偽証罪容疑で内偵調査中との噂があります。
残虐行為とも言えるいじめの解明が期待されています。

更にこの加害者達、「新しい学校へ行っても、そこの友達に連絡していじめてやる」と言っていた。
更に転校後もなお無言電話などの嫌がらせをしている。

「自分のした事を自然と悟る」と思う人がいるけど、本当に悟るのかなぁ・・・(汗)
悟るどころか、こんな脅しをするなんてね・・・

被害者

被害者は、自殺1年前に作文を残していた。
自分との戦い
いじめを受けた人は深い心の傷を負い、いじめを思い出しては何年も苦しむのです。
私は今日まで生きる事が出来たけど、いじめを受けた人の中には本当に死んでしまう人もいるほどです。
何故、昨日まで仲良しだった友達がそんな事をするのか・・・。裏切られた気持ちと自分の身に何が起こっているのか分からない気持ちでいっぱいになりました。
そして、いじめはどんどんエスカレートしていきました。いじめは人の心を殺します。絶対にあってはならないものです。この世からいじめがなくなる事を私は一生願い続けます。
(中略)
私達1人1人がいじめの悲惨さについて考え、いじめを絶対に許さないと強い気持ちで立ち向かう事、それがまず第一歩だと思います。もし貴方がいじめに遭遇したら、見て見ぬふりをしないで下さい。

死人なだけに、胸が締め付けられる・・・。
二度と自分のような思いをする者がいなくなってほしいと願ったのか。
被害者の願いは叶えられず、まだいじめはなくならない。どころか、増えている。

筆談
何でこんな事になっちゃったの?!!!
いつになったら治るの?!!!このまんまじゃいつまでたっても普通の女の子には戻れないじゃない!!!
何でみおこだけこんな風なの?

人格が分裂するところまで、暴虐の限りを尽くしていた事がよく分かる・・・

遺書
まま大好きだよ。みんな大好きだよ。愛してる。でもね、もうつかれたの、みおこの最後のわがままきいてね。こんなやつと友ダチでいてくれてありがとう。本当にみんな愛してるよ。でも、くるしいよ

完全に鬱すぎる・・・
やっぱり追い詰められてこそ、家族のありがたさが分かるのかなあ。

せめてもの救いか

被害者は、南山国際高校ではいい友達に恵まれていた。
2013年の命日には、法要に参加している。

いい友達に恵まれた事は、せめてもの救いか・・・

1