一番大きな違いは総量規制の対象かどうかです。総量規制とは、借入額を個人の年収の3分の1までに制限するという法律で、年収が300万円なら100万円までしか借りることができない、ということです。消費者金融のカードローンはこの制限を受けますが、銀行のカードローンではこの制限がありません。審査に通れば多くのお金を借りることができます。

とは言ってもなかなか簡単には貸してくれませんが。

 他に、審査の通りやすさも違います。一般的には銀行系のカードローンの方が審査が厳しい傾向にあります。もちろん個々のカードローンによってばらつきがありますし、銀行のカードローンが審査を通って消費者金融のカードローンが審査を通らない場合もありますが、一般的には銀行の方が厳しくなっています。その分銀行系のカードローンの方が金利が安くなっている傾向があります。

前へ 次へ