1. まとめトップ

【面白い!!】思考実験・パラドックスまとめ1

シュレーディンガーの猫、トロッコ問題、テセウスの船、水層の脳など思考実験とパラドックスについてまとめてみました。思考実験を通じて色々と考えさせられます。たまには生命倫理、科学について考えてみるのもいいかもしれません。随時更新予定です。

更新日: 2018年08月10日

235 お気に入り 759684 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

plutocharonさん

シュレーディンガーの猫

まず、蓋のある箱を用意して、この中に猫を一匹入れる。箱の中には猫の他に、放射性物質のラジウムを一定量と、ガイガーカウンターを1台、青酸ガスの発生装置を1台入れておく。もし、箱の中にあるラジウムがアルファ粒子を出すと、これをガイガーカウンターが感知して、その先についた青酸ガスの発生装置が作動し、青酸ガスを吸った猫は死ぬ。しかし、ラジウムからアルファ粒子が出なければ、青酸ガスの発生装置は作動せず、猫は生き残る。一定時間経過後、果たして猫は生きているか死んでいるか。

有名ですね。

ウィグナーの友人

シュレディンガーの猫の生死(毒ガスが実際に発生したかどうかという正史)が観測者によって決定されるとしましょう。ウィグナーは自分の友人をこの観測者に任命しました。ウィグナーの友人が箱の中の猫の生死を確認し、その結果をウィグナーに後で伝えるというわけです。友人は密室で猫の生死を観測し、ウィグナーは別室で待機しています。さて、猫の生死はいつ決まるのでしょうか?

出典コペンハーゲン解釈は間違い!?— 猫でもわかる「ウィグナーの友人」 - 誰が得するんだよこの書評

トロッコ問題

以下のようなトラブル (a) が発生したものとする。
(a) 線路を走っていたトロッコの制御が不能になった。このままでは前方で作業中だった5人が猛スピードのトロッコに避ける間もなく轢き殺されてしまう。

そしてA氏が以下の状況に置かれているものとする。
(1) この時たまたまA氏は線路の分岐器のすぐ側にいた。A氏がトロッコの進路を切り替えれば5人は確実に助かる。しかしその別路線でもB氏が1人で作業しており、5人の代わりにB氏がトロッコに轢かれて確実に死ぬ。A氏はトロッコを別路線に引き込むべきか?

なお、A氏は上述の手段以外では助けることができないものとする。また法的な責任は問われず、道徳的な見解だけが問題にされている。あなたは道徳的に見て「許される」か、「許されない」かで答えるものとする。

つまり単純に「5人を助ける為に他の1人を殺してもよいか」という問題である。功利主義に基づくなら一人を犠牲にして五人を助けるべきである。しかし義務論に従えば、誰かを他の目的のために利用すべきではなく、何もするべきではない。

マイケル・サンデルさんで有名になりました。

救命ボート問題

あなたはボートで5人の溺れた人を助けに向かっている。しかし途中で溺れている一人の人を発見した。その人を助けていれば5人はその間に溺れ死んでしまう。その人を助けて5人を諦めるべきか?

テセウスの船

船の部品を一つ一つ交換していき、全てが入れ替わったらそれは同じ船と言えるのか
取り替えた古い部品を使って違う船を作ったら、それはどちらがテセウスの船と言えるのか

ある物体(オブジェクト)の全ての構成要素(部品)が置き換えられたとき、基本的に同じであると言えるのか、という問題である。

マリーの部屋

マリーは聡明な科学者であるが、なんらかの事情により、白黒の部屋から白黒のテレビ画面を通してのみ世界を調査させられている。彼女の専門は視覚に関する神経生理学である。彼女は我々が熟したトマトや空を見るときに生じる物理的過程に関して得られる全ての物理情報を手にしており、また「赤い」や「青い」という言葉の使い方も知っている。

例えば、空からの特定の波長の光の集合が網膜を刺激するということを知っており、またそれによって神経中枢を通じて声帯が収縮し、肺から空気が押し出されることで「空は青い」という文が発声される、ということをすでに知っているのである。さて、彼女が白黒の部屋から解放されたり、テレビがカラーになったとき、何が起こるだろうか。彼女はなにかを学ぶだろうか?

臓器くじ

「臓器くじ」は以下のような社会制度を指す。
1.公平なくじで健康な人をランダムに一人選び、殺す。
2.その人の臓器を全て取り出し、臓器移植が必要な人々に配る。

臓器くじによって、くじに当たった一人は死ぬが、その代わりに臓器移植を必要としていた複数人が助かる。このような行為が倫理的に許されるだろうか、という問いかけである。

カルネアデスの板

舞台は紀元前2世紀のギリシア。一隻の船が難破し、乗組員は全員海に投げ出された。一人の男が命からがら、壊れた船の板切れにすがりついた。するとそこへもう一人、同じ板につかまろうとする者が現れた。しかし、二人がつかまれば板そのものが沈んでしまうと考えた男は、後から来た者を突き飛ばして水死させてしまった。

人を殺さねば生きられない時、人を殺していいか?

1 2 3 4