1. まとめトップ

【初心者でも簡単マスター】これであなたも“カレイ釣りの達人”に!

冬場にする釣りと言えば、全くの釣り初心者や家族でも、手軽で簡単に楽しめ、そして釣果も見込める【カレイ釣り】がおすすめ!初級、中級者までカレイの餌や仕掛けなどの釣り方から、生態、食べ方までまとめてみました。動画での解説やブログでの体験記なども掲載。これで釣果アップ間違えなし!?

更新日: 2015年04月16日

47 お気に入り 841371 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

falcon001さん

★ カレイとは?

投げ釣りで釣れるカレイは何種類かいるが、メインとなるのはマコガレイとイシガレイの2種類。

ほか、地方によってはマガレイやヌマガレイなどが投げ釣りのターゲットになっている。

・マコガレイは内湾性で砂泥底に生息し、体長は20~50cm。よく釣れるのは30cm前後で、40cmを超えると大型とされる。煮つけや刺し身など抜群で、カレイの中でも最も美味とされている。

・イシガレイはマコガレイよりもやや生息範囲が広く、外洋にもいる。マコガレイよりも大型になり50cmを超え、60cmオーバーも仕留められている。体に並んだ「石」のような突起物(骨質瘤状物)が特徴で、これからイシガレイと呼ばれるようになったとされる。味はマコガレイに比べやや劣るといわれる。

★ 生息域と生態

生息域◆
■大分県から北海道南部。東シナ海北部。渤海湾。
生態◆
■産卵期は晩秋から春。北ほど遅くなる。
■内湾性で、浅場の砂泥地などに普通。
■ゴカイなどを食べている。

生息域◆
日本の各地、千島列島、カラフト、朝鮮半島、台湾。
生態◆
産卵期は冬から春なので旬は夏から秋。70センチを超えるやや大形のカレイである。

カレイ釣りの魅力

「カレイ命」と毎週のようにカレイ狙いに出掛ける人もいて、あのグイグイ底に潜っていく引き味を楽しんでいます。

キスのシーズンが終わると代わりにやってくるのがカレイ釣り!キスのように数を釣る事は難しいですが、1枚釣れたときのうれしさは格別です。

カレイはキスと違い遠投しなくても釣れるケースが多いです。

キスのアタリもワクワクするが、カレイは重量感たっぷりで大物釣りの魅力にもあふれており、これから年末にかけてカレイ釣りが最高潮に達する。

★ 釣り時期

関東以西のカレイは、大体海水温が下がり始める10月中旬頃から産卵の為の岸寄りを始め、年を越して産卵、その後荒食いをして、海水温上昇と共に深場へ、5月のGW頃までが釣期となります。

産卵期(1~2月)は一般的に食いが悪いと言われています。

カレイは、条件に関係なく夕方に食いの立つことが多いです。釣果が悪くても、夕まずめまで頑張っ

て狙ってみましょう。1日粘って釣れたのは夕方だけだったというケースも珍しくありません。

潮の関連は正直分かりません、「潮が流れるので大潮が良い」と言う人も居りますし、「中潮が平均して良い」という人もいま。


また満潮時や干潮時の潮止まりに釣れるという人も居りますし、「上げ七分、下げ三分」が良いと言う人も居ります、

過去のデータを見て自分なりに研究していますが結論は出ません、(釣り場と潮の関係を合わせて考えないとダメかも知れません)ただ、朝マズ目と夕マズ目は釣れる確率が高そうです。

★ 仕掛けとタックル(道具)

カレイは1カ所に腰を落ち着け、じっくりと狙う魚なので、タックルは最低2セット、できれば3セットそろえたい。竿は投げ専用で、長さ4mクラス、オモリ負荷は25号以上が望ましい。遠投のためというより、潮の速い釣り場ほど大型が多いので、その流れに耐えるために丈夫な竿がよい。リールも投げ専用がベスト。道糸はナイロンの3号をスプールいっぱい巻いておく。PEラインを使ってもよいが、特別必要はないだろう。道糸にはテーパーラインの力糸をつないでおく。

2~3メートル前後の万能竿又はバス用ロッド
遠投する必要もなく、少し(15~20m程度)投げるだけなので、専用の竿やリールは必要ありません。
むしろ少し長めのバスロッドやエギ・シーバスロッドで、硬すぎず柔らか過ぎないロッドがおすすめです。


■リール 小・中型のスピニングリール(2500番位)
又は、小型のベイトリール
道糸・ナイロンライン3号位が100~位巻ける小型スピニングリールで充分使えます。

スピニングタックルだと軽めのオモリ(5~8号)、バス用などのベイトロッドなら少し重め(10~12号)を使うと操作性が良いと思います。

シロギス竿の他に、ルアーロッドの6~7フィートML、L。7:3調子のゲームロッドでも釣りは楽しめます。枝スまでの幹間は60cmで、8の字結びで結束するが、市販の仕掛けを利用するアングラーがほとんどです。

良い仕掛けの第一条件は、こづいてもシャクッても水中で絡まないこと。

オモリに針が近いほどアタリが明確になる。逆に短すぎる場合は、餌が踊りすぎるきらいがあるのでカレイが餌をとる間を考えてあげよう。

針は、大型魚礁では丸セイゴ11号が標準。資源管理の上で異を唱える人もあるかもしれないが、小さい針に大きなカレイは食うけれど、 大きな針で20cmのカレ
イを釣ろうと思うとかなり難しい。あまり小 さすぎても、針の軸の強度に問題がでてくるし、餌が付けずらくな ってしまう。

ハリスは、2号-3号で充分。ドラグを使って無理せず静かに巻けば、60cmクラスの石カレイだってOK。

ジェットテンビンのメリットは、底の起伏に強いことです。テンビンの腕が自由に動くので、イラストのように岩の間に挟まることが少ない。砂地に岩が点在するポイントでも強気で狙えます。

海草のテンビン(L型)のメリットは、エサが自然に近い形で漂うことです。L型は仕掛けをズル引きすると、エサを持ち上げるように移動します。平坦なポイントでの良い誘いになるのがわかりますよね。テンビンは、攻めるポイントで使い分けましょう。

全長:0.95M
定価:400円
仕様:2本鈎×2セット

アタリが手元に伝わりやすい遊動式。

カレイ遊動 ベーシック
夜光ビーズ
ピンク蛍光ビーズ

投げ釣り仕掛けの種類は色々ありますが、私がよく使うのはこれらのタイプです。
・1つの仕掛けに針が2本
・全長は短め(90~170cmまで)
・1パックに2~4セットの仕掛け
・船釣り用のキス・カレイ仕掛けは短くて使いやすいです。
あとは、釣れる魚に合わせてハリの大きさや糸の太さを調節します。
*船釣り仕掛けも投げ釣りに使えますので、ご心配なく

★ 釣りに使うエサ

マムシはにおいでカレイを誘うといわれている。カレイには最高のエサだ。ただし高価なのが難点。エサ取りが多ければ、とてもじゃないがマムシだけでは一日持たない。

サブとしてよく持参されるのが比較的安価で量があるアオイソメだ。しかしサブとあなどるなかれ。アオイソメの房掛けは食いがよく、場所によってはこれでなければというところもあれば、日によってはアオイソメしか食わなかったということもある。アオイソメはその動きでアピールするようだ。

エサを房掛けにするカレイ釣りでは、エサの消費が激しい。
活きの良いエサほどたくさんのアタリが期待できるので、使う分だけを少し出し残りはしっかり保管をしましょう。
鮮度を落とさない方法は、イラストのようにクーラーに氷を敷いて、その上に置きましょう。

エサの付け方

刺し方は、マムシは頭の固い部分をカットし、ハリの軸に沿って通し刺しにし、チモトからハリスにたくし上げる。タラシはキャストの際に切れてしまうのでカットする。全体の長さは4、5cm。ただしフグが多いときは、ハリスにたくし上げないこと。ハリスをかまれて傷つけられるからだ。

アオイソメの房掛けは、まず1匹目を軸に真っ直ぐ通し刺しにする。後の2匹目、3匹目はチョン掛けの要領でOK。

1 2 3 4