1. まとめトップ

フランス人による落語パフォーマンスが面白い!2015年も開催決定!

1924年、日仏会館の共同設立から2014年で90年。それを記念して様々な「日仏文化協力90周年記念イベント」が日本各地で開催され、中でも斬新かつユニークなイベント「フランス人による落語パフォーマンス国内ツアー」が大人気!世界が注目するそのパフォーマンスが2015年、再び日本を席巻する!!

更新日: 2015年09月12日

2 お気に入り 2990 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

thalassoさん

「フランス人による落語会」JAPONツアー2015、開催決定!

昨年2014年、日本各地で話題となったフランス人による落語パフォーマンスが、今年2015年は、規模がより大きくなって開催されます。

10/9(金)広島口演/広島テレビ12階講堂
10/10(土)山口口演/梅光学院大学梅ヶ峠キャンパス
10/11(日)福岡口演/アンスティチュ・フランセ九州
10/14(水)大阪口演/アンスティチュ・フランセ大阪
10/15(木)京都口演/アンスティチュ・フランセ京都
10/16(金)神戸口演/酒心館ホール
10/17(土)岐阜口演/みんなの森 ぎふメディアコスモス
10/18(日)名古屋口演/西アサヒ
10/20(火)高岡口演/未定※調整中
10/21(水)富山口演/角川介護予防センター
10/21(水)南砺口演/桜ヶ池クアガーデン
10/22(木)長野口演/蔵元ショップ セラ真澄「松の間」
10/24(土)奄美大島口演/タラソ奄美の竜宮
10/26(月)天草口演/スパ・タラソ天草
11/3(祝)東京口演/フレンチダイニング
and more...

日本ツアー直後の「アヴィニヨン・フェスティバル」への出演が彼らの名を世界に知らしめたから!

アヴィニヨン・フェスティバルとは・・・

1947年にジャン・ヴィラールによって始められたアヴィニョン演劇祭は、世界で最も重要な、現代に残る演劇フェスティバルのひとつです。
毎年7月、アヴィニョンは舞台の町になり、そこにある建築遺産は厳かで驚くべき発表の場に変わり、様々な年代から約10,000人の演劇愛好家が集まります。
教皇庁の前庭では屋外で舞台が披露され、プロヴァンスの夜に2000人もの観客を集めます。約40の劇場でたくさんのスぺクタクルを鑑賞することができます。このフェスティバルは、国際的な創造と大衆の結び付けに成功しました。
アヴィニョンはエスプリの地でもあります。空の下にひらけた公共広場では、参加者がショーについて話、それぞれの体験を共有します。1か月間、現代的な芸術と現代に残る芸術にアクセスすることができます。(引用:フランス観光開発機構)

これに出演することだけでも凄いことなんです。

アヴィニヨン・フェスティバル2014はこんな感じでした。

出典i1.wp.com

落語がフランス人にも受け入れられる瞬間を目の当たりにしました。

ここからは、きっかけとなった2014年の日本ツアーのことを伝えておきたい。

2014年は、日仏文化協力90周年という記念すべき年。

日本とフランスは1924年、日本におけるフランス文化ネットワークの草分けとなる日仏会館を共同設立し、本年2014年に、90周年を迎えました。

1924年って、、大正13年!

フランスの文化“タラソテラピー”がきっかけ

タラソテラピーの最高峰ブランド「タルゴ」の名を冠した、日本最大級のタラソテラピーセンター「タルゴ ラグーナ」(愛知県蒲郡市、マネージメント:株式会社ウェルネスデベロップメント)で、2013年開催したフランス人落語イベントがきっかけとなり、翌2014年の本年、日本ツアーを開催。

1 2 3 4 5