1. まとめトップ

【失敗しないために必須】ローン返済シミュレーション/3つの返済技

返済シミュレーションの必要性と3つの返済技を紹介していきます。カードローンを利用した経験からお話させて頂きます。よろしければお気に入りに追加お願いします。

更新日: 2014年05月27日

cashing123さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
3 お気に入り 1135 view
お気に入り追加

返済シミュレーションを行う必要性とは

キャッシングでもカードローンでもお金を借入れることであり、お金を借りると言う行為は次にそのお金に利息をつけて返済をするという義務があります。そこで勘違いをしないようにしたいのは、借り入れたお金は借りた本人のものであるようで、そうではないということです。つまり借入れたお金を使うのは自由ですが、その使ったお金は実は本人が稼いだお金ではないのです。ですから、お金を借りることは悪いことではないのですが、返済をしないのは考えものです。キャッシングやカードローンでのお金は他人のお金を合法的に一時期本人のお金として役に立つのだと考えましょう。

ではどのようにすれば返済がムリなく行えるかということになります。今の返済方法はリボ払いが主流で、大手の消費者金融など金融機関のインターネットサイトには返済シミュレーションというページがあります。これはいくらの借入で金利が○○%であれば、毎月の返済額はいくらになり、その金額を何回返済すれば返済が完了するかを計算する方法です。リボ払い返済の毎月の返済額を電卓で計算するのはやや複雑なので、計算が苦手な人はシミュレーションをしないで借入の申し込みをしてしまいます。

シミュレーションをしないでお金を借りるようなことはしないようにしてください。計算が面倒であれば大手の消費者金融がインターネットサイトで掲載している借入・返済のシミュレーションを見てからキャッシングなりカードローンで借入の申込みをするようにおすすめします。これらのシミュレーションは数字を入力するだけの作業で、使い方は毎月の返済額を基準、返済回数を基準にして、借入希望金額を入力するとその希望額での返済計画が分かります。ですから、このようなシミュレーションを利用して、返済の金額や回数を把握して、経済状態から見た適切な返済方法を探して、それに沿ったキャッシングなりカードローンでの借入をするようにしましょう。このように、お金を借りる前に行う返済シミュレーションは最重要だと理解するようにしましょう。

遅延・滞納に陥らないために身につけたい!3つの賢い返済技

キャッシングを利用されている方の中には、遅延や滞納になってしまった方もいらっしゃいますよね。どうしても返済の金額を用意できなかったり、返済期限を忘れてしまったりと人によって事情は様々だと思います。でも遅延や滞納を繰り返してしまうとブラックリストに載ってしまう場合があることをご存知ですか?ブラックリストに載ってしまうと5~10年程は消えないそうです。やはり、ブラックリストに載ることだけは避けたいですよね。そこで、遅延・滞納に陥らないための3つの賢い返済ワザをご紹介します。

 まずは、返済についてです。大きな金額のお買い物などをしてしまった際は、返済の金額を用意するのが大変ですよね。そして、返済金額のことを考えると生活が苦しくなってしまう場合もあるのではないでしょうか?そうならないために、このような場合にはボーナス返済で元金を減らすようにしましょう。このことは意外に忘れてしまいがちなので、忘れないように気をつけましょう。

次に返済日を忘れてしまう方の場合です。日々、様々なことがある中で生活をしているので返済日のことは忘れてしまうことが多いですよね。でも、それは言い訳にはならないし、多忙なことが原因でブラックリストに載ってしまった場合には悔しいですよね。なので、返済日を忘れてしまいがちの方は返済日通知メールを利用するようにしましょう。金融会社によっては、返済日の前にメールでお知らせしてくれるサービスを行っています。ご自身が利用されている金融会社でそのようなサービスが行われているか確認をしてみましょう。もし、そのサービスを行っていたら利用しましょう。利用することによってブラックリストに載ってしまうリスクを減らすことができますよ。

 最後のポイントになりますが、皆さんの返済期日はいつに設定されていますか?自分の生活と全く関係ない日を返済期日にしてしまっている方は忘れがちなのです。そこで、返済期日を給料日にして自動引き落としにするようにしましょう。そうすることによって、返済期日を忘れなくて済むし、返済金額を振り込む手間が省けるのです。

1





キャッシングやカードローンを体験したのをきっかけに、色々と調べたので、このNAVERまとめで紹介しています。