1. まとめトップ

いよいよ人間があのドラえもんのように自由に空を飛べる日がやってきました!

アメリカで個人発明家が開発した奇想天外な個人用飛行装置が発売されようとしています価格は1500万円 ...

更新日: 2014年05月28日

Kojeroさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
0 お気に入り 4211 view
お気に入り追加

ドラえもんのように空を飛べたなら

確かに、日本国内では自家用機オーナーは少数です。
まず非常に大きな要素に飛行場が数が圧倒的に少ないです。

小型ヘリコプターロビンソンR22BetaⅡに乗って空の散歩を楽しんでるクラブです。 ...小型ヘリコプターR22BetaⅡを自家用機として保有するには、最低3,000万円必要ですが、R22BetaⅡの中古機を350万円で購入すれば ...

私の飛行機の場合:米国ロスアンゼルス郊外のセスナ・パイロット・センターに入学。
16時間で単独飛行に出る。58時間で訓練の全カリキュラム終了 学科試験は90点チョイで1発合格。
実技試験は、アメリカ人試験官と合計60時間で自家用操縦士の試験に合格となる。
翌日、当時の彼女(現在の嫁さんです)を横に乗せてロサンゼルス、サンタモニカあたりをフライト。(余談でした)

自家用操縦士免許とは?

自家用操縦士は自動車でいうところの「普通自動車第一種免許」にあたるもので、このライセンスだけでは航空会社等に就職することはできません。しかし、個人の趣味としてフライトを楽しむことが可能です。

自家用操縦士取得には飛行時間に関する要件を満たさなければいけません。
総飛行時間 40時間以上 単独(ソロ)飛行 10時間以上 野外飛行 5時間以上 同乗教育飛行 20時間以上(※2)

青い猫型ロボットの出てくるアニメの歌ではないですが、「空を自由に飛びたいな」と思ったことはありませんか。

一家に一機時代の幕開け!? 超高性能パーソナルジェットが登場 ...
アメリカのシーラス・デザイン社が開発した「シーラス・ビジョンSJ50」です。

コンパクトな設計でも豪華な内装です。

このジェット機は、航空機もクルマのような個人所有を提唱する「ジェネラルアビエーション」という言葉を体現。
従来、プライベートジェットというと15人乗り以上、20億円以上が相場だったところに、操縦者1人を含む7人乗り、本体価格約1億円という、個人所有に最適の規格を実現しました。

あなたの玄関にどうですか?イギリス空軍で用いられていた本物の垂直離着陸戦闘機・ハリアーが売り出されています。
お値段わずか930万円。中古のフェラーリよりぐっと安いお値段で

1 2





Kojeroさん