1. まとめトップ

【必読】ブラックリストにのらない/破産しないためのキャッシングとの付き合い方

信用情報をのことをしらないでミスをしてしまう方がいらっしゃいます。どのようにしたらブラックを回避できるかご紹介させていただきます。もしよろしければお気に入りお願いします!

更新日: 2014年05月28日

2 お気に入り 2739 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

cashing123さん

借金地獄の末路!自己破産と踏み倒し!あなたならどっちを選択?

ャッシングを利用して得たお金は自分のお金ではありません。そのため返済しなければならないのですが、その返済ができないとき、どのような方法があるでしょう。

どうしても返済が難しい場合の対処法として弁護士に相談するのが一般的な方法でしょう。しかし、どうにかして借金から逃れる、もしくは借金を踏み倒すことを考える人も皆無ではありません。

しかし、返済日に返済を行わないと、遅延金が課せられ、キャッシング会社から催促が行われるようになります。ヤミ金といわれる業者のような強引な取り立てなどは一般のキャッシング会社は行いませんが、電話がかかってきたり、キャッシング会社の不良債権回収部門の人が訪ねてくるようになります。そうなると周囲に借金をしていることを知られてしまう可能性があります。

何より返済を行わないと、クレジットヒストリーというキャッシングと返済の履歴情報に延滞が記録されてしまいます。クレジットヒストリーという個人信用情報は信用機関と呼ばれる企業や法人で保管・管理をしていますが、貸金業者はこの信用機関の会員になっており、閲覧することができます。そしてキャッシング審査においてクレジットヒストリーを確認するため、延滞の記録があると利用しているキャッシング会社から利用限度額を引き下げられたり、カードの利用が停止されるだけでなく、他のキャッシング会社も利用することができなくなってしまうのです。そうなるとブラックリストに載ってしまいキャッシングできるのはヤミ金だけということになります。ヤミ金を利用すれば借金地獄となるのです。

つまり借金の踏み倒しを考えたところでキャッシング会社の不良債権回収部門は回収のプロですから、対抗するのは非常に難しく、またそうしているうちにクレジットヒストリーに事故歴ができてブラックリストに登録されてしまう。踏み倒しはこれほどの割にあわないものなのです。

返済が難しい場合、日本では任意整理、特定調停、個人民事再生、自己破産の4つの選択肢があります。任意整理、特定調停、個人民事再生という方法はできる範囲で返済が行う方法ですが、どうしても返済が難しい場合の最終的な手段が自己破産です。そうならないように、返済が難しい場合は、まず弁護士に相談することをおすすめします。

クレジットヒストリーって何?傷をつけないための3つの方法

皆さんはクレジットヒストリーという言葉を聞いたことはありますか?キャッシングなどを利用されていらっしゃる方は一度は聞いたことがあるかと思います。クレジットヒストリーとは、返済履歴のことをさしています。では、クレジットヒストリーに傷をつけないためにはどうしたら良いかをご存知でしょうか?知らない方も多いと思うので、クレジットヒストリーに傷をつけないための3つの方法についてご紹介いたします。

 まず、借入とクレジットの利用についてです。クレジットヒストリーがゼロの状態が良くないということも聞いたことがあるかと思います。そのために、クレジットヒストリーがゼロの状態を避けるために借入やクレジットの利用をたくさんされている方もいらっしゃるのではないでしょうか?しかし、それは間違いなのです。確かに、クレジットヒストリーがゼロの状態も良くありません。ですが、クレジットヒストリーに傷をつけないためには、無駄な借入・クレジットの利用はしないようにする必要があります。

そして、利用した際には返済のこともしっかりと考えておきましょう。利用したあとは、自分自身は満たされているので返済のことはすっかり忘れてしまいますよね。実は、これがクレジットヒストリーに傷をつける原因の一つになってしまうのです。返済を忘れていたり、遅延や滞納をしてしまうとクレジットヒストリーに傷がつきます。更にこれを繰り返していると、ブラックリストに載ってしまいます。なので、遅延・滞納は絶対にしないようにしましょう。

 そして最後になりますが、借入についてです。借入を利用されている方は、感覚がマヒしてたくさん利用してしまうようになります。それは借入を利用しているという状況に慣れてしまうからなのです。しかし、慣れてしまったからといって、たくさん利用してしまうのもクレジットヒストリーに傷をつける原因になります。なので、自分の許容度以上の借入は絶対にしないと決めましょう。以上がクレジットヒストリーに傷をつけないための方法になります。クレジットヒストリーに傷をつけないように以上のことを踏まえて利用するようにしましょう。

1度に3社以上は絶対NG!キャッシングを申込む時に気を付けたい3つの注意点

キャッシングに申し込むことは誰にでもできますが、審査は誰にでも通るというわけではなく、当然ながら審査に通らなければ融資を受けることが出来ません。キャッシングを申し込むときには、過去にキャッシングしたことがあるのかを確認する必要があります。そして、今現在キャッシングしていないかどうかも審査の対象になるのでチェックして、もし3社以上もキャッシングしていれば、新たに借りるキャッシングの審査には通らない可能性が高いです。

キャッシングを申し込むだけで信用情報機関に記録が残り、過去にキャッシングしていたのであれば返済は滞納せず期限までに行われているのかも、すべて信用情報機関に履歴が残ります。だから3社以上キャッシングしていると審査は不利になります。

もしも数社からキャッシングしている場合は、信用情報機関のブラックリストに載ってしまいます。現在では特にWEBから手軽にキャッシングすることが出来るので信用情報機関の個人情報は審査時、かなりの重要度を占めています。この情報機関の情報によってキャシングすることが出来るのかどうかが決定されるといっても過言ではありません。

会社に勤務しているのなら給料の額よりも勤務体制が重要視されます。たとえば欠勤がないかなど勤続年数もチェックの対象になります。一方、店舗に出向いた場合などはその人の身なりや振る舞い・人物像などチェックされ、人を見抜く力がある店員は、入り口のドアから入ってきた時点で審査に通る人なのかそうでないのかがわかるくらいです。

だからキャッシングの申し込みをする前にもう一度良く過去のことも含めて考え直してみる必要があります。過去の滞納や破産、事故といったことは信用情報機関のブラックリストに載るわけですが、一度ブラックリストに載ってしまうと、7年間は記録が残ってしまい新たなキャッシングを受けることが出来なくなります。

1