1. まとめトップ

(注目)「カードローンとは」と「カードローン、キャッシングの違いとは」の記事紹介

「カードローンとは」と「カードローン、キャッシングの違いとは」の記事紹介です。カードローンとキャシングは混同しやすい用語ですがしっかり意味を理解すると契約の勘違いがなくなりますので必須になります。気に行っていただけらお気に入りお願いします。

更新日: 2014年05月27日

0 お気に入り 2222 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

cardloan555さん

「カードローンとは」の記事紹介

もしもの時、心強い味方になってくれるのがカードローンです。ただ、カードローンと一口に言っても、その種類は多く、どんなカードローンがあるのか。自分に向いているカードローンはどういうものか。それを知っておくことで、便利にお得に利用できます。



それではカードローンでこれだけは知っておきたい3つのポイントをご紹介します。



1つめのポイントはカードローンで利用するカードを発行している会社は大きく分けて2つある、ということです。その2つとは銀行と貸金業者です。貸金業者とは貸金業規制法に基づき登録している業者で、消費者金融や信販会社、クレジットカード会社、そして流通業者なども含まれます。要するに、これらの企業が発行するカードを利用したローンがカードローンですが、お金を借りるだけの機能を持つカードと、クレジットカードにローン機能が付加されているものがあります。ただ一般的にカードローンを呼ばれているのは前者のことが多いようです。

2つめはカードローンにも無担保と有担保があることを知っておきましょう。カードローンは個人向けの無担保ローンのイメージが強いと思いますが、実は有担保タイプもあります。それぞれにメリットがあり、無担保ローンは手軽で申し込みから契約までの時間もスピーディです。一方有担保ローンは担保という保障を付けることにより、限度額が大きく利息も低いカードローンです。日々の生活で利用しやすいのは無担保型、大きな買い物を予定しているなら有担保型、と使い分けましょう。



そして3つめ、カードローンは限度額の中なら繰り返し利用できるので、1枚持っていればかなり安心です。例えば10万円借りると、毎月1万円返済というようにリボ払いで返していくケースが多いのですが、返済し終わっていなくても、限度額内なら借りることができます。また、新たに審査が必要なこともありますが、限度額を増やすことも可能です。

「カードローン、キャッシングの違いとは」の記事紹介

カードローンとキャッシング。2つの違いってなんなんだろうって思う人はたくさんいますね。そこで、いったい、2つの違いは何なのか、キャッシングとカードローンの違いについて解説しますね。

カードローンとキャッシングには3つの違う要素がありますし、目的によっては使い道がいろいろとあるので、ぜひ参考にしてくださいね。
1つ目は、キャッシングは基本的に一括払いが原則であるということです。最近では分割払いも増えてきているようですが、基本的には一括払いとなっているようです。カードローンは、その点に比べて、ローンという名前だけあって基本的には分割払いが当たり前となっています。金利も低いところからありますし、限度額によっては、利息が全然かからないところもあります。

少額の利息で、返済額が少ないから生活が助かる、あるいは大きな買い物が出来るといった点では、カードローンはおすすめです。

2つ目は、返済期間の違いです。キャッシングは短期的な借金については向いています。小口で借りて、すぐ返済できる金額ならキャッシングはいいです。しかし、カードローンは5万円借りたとしても、次の月の給料で全額返すのはきついとしたら、リボルビング払いにしたほうが生活は安定しますよね。キャッシングで5万円借りて、全額返済できなければ、利息は発生するので、結局は同じということになります。

3つ目に、カードローンは利用限度額までなら自由に引き下ろしが可能だということ。7万円借りていたとしても、利用限度額が10万円なら、3万円はまだまだ借りれることになります。返済をしっかりしていれば、返すのも借りるのも自由におこなえるということが、大きな特徴です。キャッシングは少額の一括返済向き。カードローンは限度額も大きく、返済額も安くて、自由に引き出せるのがメリットです。毎月安い返済額で、いろいろなお金の使い道が広がる、カードローンが人気なのは、こういった理由があるからですね。上限額も、収入に関係なく大きく借してくれるところが多いので、まとまったお金が必要で、返済額は少なめにしたいというなら、カードローンがオススメです。

1