1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

知らずにやりがち?電車内で嫌われやすい6つのNGマナー

電車の中では、周囲の人に迷惑をかけないようにマナーを守る必要があります。しかし、車内でのなにげない行動が実は迷惑をかけているということも。どのような行動が嫌われやすいのでしょうか?

更新日: 2016年05月29日

141 お気に入り 317973 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

kyama77さん

●電車で不快に感じることは多い?

特に満員電車のときなど、立っているのも精一杯のとき、自分のことしか考えないような乗客が居ると、不快に感じます

近くにいる人への迷惑になるだけでなく、多くの周りの人に不快感を与えてしまいます。

いつどこで誰が見ているか分からない電車の中ですから、知らず知らずのうちにNG行動をしていたということにならないようにしておかなければいけません。

●電車でのNGマナー

1.車内にニオイが蔓延すること

体臭、香水、お酒の臭いなど、色々な臭いが電車内に蔓延するのは非常に苦しいものです。

香水をつけていると人にとっては、いい香りでも他人にとってはとんでもなく臭い匂いということもあります。

・車内の飲食にも注意する

電車内での飲食は、とくに禁止されている訳ではありませんが、密閉された車内では食べ物の匂いがこもりやすいものです。

駅弁のような電車内での食事は、新幹線や旅客用の電車ならば許容されますが、山手線のように混雑する通勤列車では周囲の迷惑になってしまいます。

2.座席の座り方で迷惑をかける

荷物が自分の座っている場所からはみ出してしまっていることや、1人分のスペースを荷物用に占領していることがあります。

電車の座席に座るときは足を組まない、荷物で座席を塞がないのが基本的なマナーです。

荷物は網棚の上がベストですが、盗難される可能性があるので、身体から離したくない時は膝の上に載せておきましょう。

3.車内で化粧をする

車内でのメイクは、周りからみて非常に不快。マナーが悪い女子の代表だと思われてもても仕方がありません。

しかし、化粧をしている本人は気付いていないだけで化粧品の独特なニオイや細かい粉は確実に周りの人に迷惑をかけています!

4.スマホの操作で幅をとる

満員電車の乗車時に、フリックや端末を傾けるなどの操作で動いたヒジが当たり、気づけば自分だけ立っている幅が狭くなっていたことがあります。

5.車内で音楽を聴く音量にも気をつける

1 2