1. まとめトップ

【アドラー心理学】が学べるおすすめ本厳選5冊!

今話題のアドラー心理学!2014年2月に発売された「嫌われる勇気」はベストセラーにもなっています。岸見一郎さんや岩井俊憲さんなど日本のアドラー心理学会を引っ張る方たちの書籍の中で、おすすめの厳選5冊を紹介します!

更新日: 2014年12月11日

698 お気に入り 429573 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

前嶋将司さん

「アルフレッド・アドラー」って誰?

アルフレッド・アドラー(Alfred Adler1870年2月7日 - 1937年5月28日)は、オーストリア出身の精神科医、心理学者、社会理論家。ジークムント・フロイトおよびカール・グスタフ・ユングと並んで現代のパーソナリティ理論や心理療法を確立した1人。

Wikipedia

①【嫌われる勇気】岸見一郎 古賀史健

日本のアドラー心理学会を引っ張っている岸見一郎さんと古賀史健さんの共著で製作された。2014年2月に発売され、既にベストセラーになっている。

②【人生に革命が起きる100の言葉】小倉広

アドラー心理学関連本の中で一番読みやすい。名言集のようになっていて、尚且つアドラー心理学全体の基礎を学ぶこともできる。

③【困ったときのアドラー心理学】岸見一郎

私たちの日々の生活の実例集になっている。アドラー心理学を日常のよく起きる出来事に関連付けて解説しているので、読みやすく分かりやすい。

④【学級担任のためのアドラー心理学】会沢信彦 岩井俊憲

「学級担任のための」というタイトルだが、子育て・人材教育など様々な場面で役に立つ。アドラー心理学的は教育の面で非常に優れていると言われているためぜひ一読して欲しい。

⑤【自分を勇気付ける技術】岩井俊憲

アドラー心理学において「勇気付け」は、自分の目的を達成するため、課題に立ち向かうために必要不可欠なもの。その"How to~"を教えてくれる本である。

1