大国主命が治める豊かな出雲の国を見て、天照大御神(伊勢神宮の祭神)が自分の子孫が治めることを大国主命に迫ります。
稲佐の浜で談判し、出雲の国は天照大御神の治める高天原に譲られることとなります。この時、国を譲るにあたり出雲大社の祭神である大国主命は「壮大な御殿を造ってほしい」と願い出ます。この時に造営されたのが出雲大社の始まり

出典出雲大社の見どころ 〜出雲大社おでかけ記

天照大神は高天原(天上の国)にいる神様。
大国主命が治めていたのは葦原中国(地上の国)。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

◇高円宮典子さまご結婚◇天皇家と出雲大社との日本神話からのご縁とは?

10月5日、島根県出雲市の出雲大社で結婚式を行われた高円宮家典子女王と出雲大社宮司千家国麿氏。皇室と出雲大社、『古事記』『日本書紀』の時代から数千年以上の時を経てのご縁があるようです。

このまとめを見る