1. まとめトップ

安倍首相「イラク戦争は証明出来なかったイラクが悪い」

2014年5月28日、国会答弁にて、安倍総理が「累次にわたる国連決議に違反したのはイラクであり、大量破壊兵器がないと証明できるチャンスがあるにも関わらず、それを証明できなかったのはイラクであったということは申し上げておきたい」と発言。アメリカの戦争の「正義」を支援する首相の方針を明らかにしている。

更新日: 2014年05月31日

gangamatajiさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
22 お気に入り 100937 view
お気に入り追加

国会中継、安部総理「自衛隊がイラク戦争のようなケースで戦闘に参加することはない」と発言

自衛隊が武力行使をもってアフガニスタンやイラク戦争などに侵略することはない #衆議院予算委員会 #安倍総理発言 質疑は遠山清彦衆議院議員(公明党)

衆院予算委員会で集団自衛権について質疑が行われている。正当な集団自衛権の行使とは何か。理屈はいろいろ言うけれども、ガセネタではじめたイラク戦争のような場合でも、アメリカから"来い"と言われて日本が断固断るということは考えられない。

安倍「イラク戦争のようなものには参加しない。」←戦争初まってだいぶ後になって大量破壊兵器が誤報、イラク戦争が間違いだとわかる。どうやって判断するんだよ? #国会中継

しかし・・・

「累次にわたる国連決議に違反したのはイラクであって、大量破壊兵器がないと証明できるチャンスがあるにも関わらず、それを証明しなかったのはイラクであったということは申し上げておきたい」と発言

首相「イラク戦争は大量破壊兵器(核兵器)が無いと証明出来なかったイラクが悪いといことは申し上げておきたいと思います」 あーこれはいかん…完全にアメリカのいいなりだ

NHK国会中継:安倍総理大臣「イラク戦争は大量破壊兵器(核兵器)が無いと証明出来なかったイラクが悪いといことは申し上げておきたいと思います」 ダメだこりゃ! (´う`; )

NHK国会中継:安倍総理大臣 @AbeShinzo 「イラク戦争は大量破壊兵器(核兵器)が無いと証明出来なかったイラクが悪いということは申し上げておきたいと思います」こういう論理的にめちゃくちゃなことを、宗主国の顔色見ながら、首相が国会で発言する情けない植民地が今の日本です。

総理「イラク戦争で化学兵器がないことを証明しなかったのはイラク」。さらりと凄いことを言ってるな…

アレ……さっき安倍氏『大量破壊兵器の不在を証明するチャンスを自ら棒に振ったイラクが悪い、わからない中で“国同士の関係”を考えれば米国支持は当然』って言ったか? #国会中継

「イラクに化学兵器がないことを証明しなかったイラクが悪い」って理屈を一国の総理大臣が言うんだから、反知性主義ここに極まれり…って感じだな。なんで嫌疑をかけられた側が不実在の証明しなきゃいけないんだよw

NHK国会中継:安倍総理大臣「イラク戦争は大量破壊兵器(核兵器)が無いと証明出来なかったイラクが悪いといことは申し上げておきたいと思います」 安倍ちゃんほんと頭悪い

大量破壊兵器デマを流しイラクを攻めたアメリカ。大量破壊兵器不存在を証明しなかったイラクが悪いと答弁する安倍晋三。 ( #国会を見よう 衆議院予算委員会ミラー moi.st/3ffd6dc )

首相「大量破壊兵器無いということを証明する機会があったにもかかわらず それをふいにしたのはイラクである」

つい10年前の事実関係も知らないのが日本の首相なのか。イラクはちゃんと国連の査察を受け入れ、WMD(大量破壊兵器)は発見されなかった。CIAも調査の結果、WMDは無いと結論した。それを無視してブッシュはイラクに侵攻したのだ。 matome.naver.jp/odai/214012444…

<追記>

<岡田議員>
私が今訊いたのは、日本の集団的自衛権行使の前提となる米国の武力行使、あるいは集団的自衛権の行使、これが正当なるものであることが大前提であると。しかし、その判断はきちんと日本はできるんでしょうかということを申し上げている。例えば、イラク戦争のときにアメリカの説明を鵜呑みにして、そこに大量破壊兵器があるということで、この時はもちろん武力行使ではありませんが、日本は自衛隊をイラクに出した訳です。あとから考えれば、結局ほとんど検証らしい検証をせずに同調していたことが明らかになったと私は思う。そういうことがなされているだけに、本当に前提となるアメリカの集団的自衛権、武力行使等が国際法上正当なものであるということを自ら確認できるのか、あるいは確認したとして「だから日本はできません」とはっきり言えるのか。いかがですか。

<安部総理>
まず前提として、イラク戦争においては集団的自衛権の行使ではなくて、安保理決議に基づく、いわば集団安全保障の一貫として行われた多国籍軍として行われたもの。日本が自衛隊を出したのは戦闘が終わったあとの、イラクの再構築のためにサマワに自衛隊を派遣したわけで、戦闘行為に参加した訳ではない。先ほど申し上げたように、2つの案のうち、我々はイラク戦争のようなケースには参加しない。武力行使を目的にした戦闘には参加しないことは明確に言っている。

"で、あの際にも、累次にわたる国連決議に違反したのはイラクであって、大量破壊兵器がないと証明できるチャンスがあるにも関わらず、それを証明しなかったのはイラクであったということは申し上げておきたい"

その上において申し上げれば、我が国と密接に関わりがあるかないかということが、我が国の生存に関わるかどうかということが、判断基準の中心に置かれるわけで、そこで主体的に判断を行っていくということであります。その中で、正当性があるかないかということは当然検討していくことはあると思います。

1





gangamatajiさん

NAVERまとめ始めました。