2つ目の、キャッシングの歴史についてはいくつかの考え方がありますが、商売としてお金を貸す貸金業者というのはかなり古代から存在しました。日本でも鎌倉時代からあったといわれますが、これらの貸金業は基本的には何らかの担保をもとにお金を貸していたので、どちらかというと質屋に近いものでした。現在のように無担保でお金を貸すキャッシングが一般的になったのは1960年代で、サラリーマンが多く利用していたことからサラ金と呼ばれていました。

当時は違法な高金利で貸し付けを行っていた業者も少なくありませんでしたが、法規制が進んだ現在ではそういった業者は少なくなり、消費者金融として広く利用されています。ATMやインターネットの普及に伴い、審査は必要なものの、手軽に借りられるようになったのも最近になってからです。消費者金融だけではなく、銀行やクレジット会社などのカードでキャッシングが可能になったことも、キャッシングの利用者が増えている一因だといえるでしょう。

出典【初心者必見】後悔する前に見る「キャッシング」情報 - NAVER まとめ

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【必見】初心者のためのキャッシング

キャッシングについてまとめてみました。気に入ったら、お気に入りに登録してください。

このまとめを見る