1. まとめトップ

【必見】初心者のための消費者金融まとめ

初心者のための消費者金融情報をまとめてみました。よろしければ、お気に入りに登録お願いします。

更新日: 2014年05月28日

cardloan555さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1 お気に入り 2802 view
お気に入り追加

消費者金融とは

冠婚葬祭、急な飲み会、病気等突然お金が必要になることは少なくありません。そんな時あなたはどうしますか。貯金がおろせればいいけれど、そんな余裕が無い人はどうすればいいでしょう。また、貯金があってもこの低金利の世の中で、ATMの時間外手数料を払うのももったいないですね。そんな時に力になるのがカードローンです。カードローンとはどのようなものでしょうか。また、消費者金融と銀行のカードローンはどう違うのでしょうか。


カードローンとは、カードを利用した個人向けの無担保融資のことです。カードローンに申し込んで審査を通過するとカードが発行され、そのカードでATM等を使ってお金を借りることができます。いずれ返さなければいけませんが、銀行等のキャッシュカードのようにお金を引き出すことができます。

 カードローンには銀行系のカードローンと消費者金融のカードローンがあります。その違いはどこにあるのでしょうか。

一番大きな違いは総量規制の対象かどうかです。総量規制とは、借入額を個人の年収の3分の1までに制限するという法律で、年収が300万円なら100万円までしか借りることができない、ということです。消費者金融のカードローンはこの制限を受けますが、銀行のカードローンではこの制限がありません。審査に通れば多くのお金を借りることができます。

とは言ってもなかなか簡単には貸してくれませんが。

 他に、審査の通りやすさも違います。一般的には銀行系のカードローンの方が審査が厳しい傾向にあります。もちろん個々のカードローンによってばらつきがありますし、銀行のカードローンが審査を通って消費者金融のカードローンが審査を通らない場合もありますが、一般的には銀行の方が厳しくなっています。その分銀行系のカードローンの方が金利が安くなっている傾向があります。

カードローンを利用するためには審査に通らなければいけませんが、その審査は申し込んだ人の年収や勤務先、今までの借金の状況などに左右されます。カードローンというと悪いイメージを持っている方もいるかもしれませんが、上手に使えばとても便利なツールです。きちんとカードローンのことを理解して使いこなし、生活を便利にしましょう。

誰でも簡単利用が魅力!キャッシング人気を支える3本柱

キャッシングというと、申し込み用紙や必要な書類の束を持ってキャッシング会社の戸をくぐり、審査にあたっては、融資がうけられるかどうかどきどきしながら結果を家で待つといったイメージがありますが、それは一昔前のことです。

確かにキャッシング会社の中には、窓口に書類を持って申し込みを行い、面接審査をしないと融資をしないといった昔ながらのやり方を行っている業者もありま

しかしスコアシステムという、キャッシング審査の際に申告する年収や年齢などのデータを数値化して、判定するシステムが開発されたことによって、審査スピードが飛躍的に速くなりました。このシステムはインターネットのサービスなどで利用され、多くの業者では、即日キャッシングなど申し込んでから短時間で融資を受けられるサービスなどを実施して非常に利便性が高くなっています。

 キャッシングの利便性については、審査が早くなったことばかりではありません。最近ではクレジットヒストリーなど借入と返却の履歴が保存され、それを閲覧することで、その人の信用度を判定しやすくなったこともあって、ある一定の収入がある場合は無担保無保証でキャッシングすることが可能な業者もあります。

また金利についてもはっきりしたといえるでしょう。以前は1954年に制定された利息制限法による利息の上限と出資法の上限金利との数値に差があったことから、グレーソーンと呼ばれる業者が自由に金利を設定できる部分があったり、業者によっては高金利でサービスを提供していたのですが、2010年に貸金業法が改正されたことによって上限金利が20%に引き下げられ、さらに100万円以上の借り入れを行うと、上限金利は15%となることが定められてからは業者はグレーゾーンの金利での貸付を行うことができないようになっています。

 そのため、金利について利用者は安心してキャッシングを利用できるようになったといえます。そうした利便性や安心して利用できる点が、キャッシングの人気に繋がっているのでしょう。

1





cardloan555さん

キャッシング系の記事適当に紹介していきます。
よかったらお気に入りに登録してください。