また金利についてもはっきりしたといえるでしょう。以前は1954年に制定された利息制限法による利息の上限と出資法の上限金利との数値に差があったことから、グレーソーンと呼ばれる業者が自由に金利を設定できる部分があったり、業者によっては高金利でサービスを提供していたのですが、2010年に貸金業法が改正されたことによって上限金利が20%に引き下げられ、さらに100万円以上の借り入れを行うと、上限金利は15%となることが定められてからは業者はグレーゾーンの金利での貸付を行うことができないようになっています。

 そのため、金利について利用者は安心してキャッシングを利用できるようになったといえます。そうした利便性や安心して利用できる点が、キャッシングの人気に繋がっているのでしょう。

出典【必読!】「消費者金融」これから借りる人の虎の巻 - NAVER まとめ

前へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【必見】初心者のための消費者金融まとめ

初心者のための消費者金融情報をまとめてみました。よろしければ、お気に入りに登録お願いします。

このまとめを見る