1. まとめトップ

岡山線路突き落とし殺人事件とは

岡山駅突き落とし事件(おかやまえきつきおとしじけん)とは2008年3月25日に西日本旅客鉄道(JR西日本)岡山駅で発生した殺人事件。

更新日: 2014年06月23日

8 お気に入り 55884 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

win-winさん

岡山線路突き落とし殺人事件

3月25日午後11時5分ごろ、岡山市駅元町のJR岡山駅の山陽線ホームで岡山県倉敷市笹沖、県職員、38歳男性が男に突き飛ばされて線路に転落し、入ってきた福山行き下り普通電車にはねられる事件が起きている。

別のホームにいた岡山県警鉄道警察隊員が列車の警笛に気付いて駆け付け、ホームにいた大阪府大東市の無職18歳少年が「自分が突き落とした」と認めたため、殺人未遂容疑で現行犯逮捕した。

男性は病院に搬送されたが、全身を強く打っており約5時間後に死亡した。
県警岡山西署は殺人容疑に切り替え調べている。少年は「人を殺せば刑務所に行ける。誰でもよかった」などと供述しているらしい。

ホームには帰宅途中の乗客らがおり、「少年が男性を突き落とした」との目撃情報が複数あった。少年と男性に面識はなく、少年は岡山に初めて来たという。

少年は「誰か人を刺してやろう」と思い、兵庫県姫路市の網干駅で私鉄からJR線に乗り換え、同日午後7時ごろ、岡山駅に到着。駅の外へ出るなどしたが決心がつかず、その後140円区間の切符を買って再び駅構内に入ったようだ。

ホームで電車待ちの列の先頭にいた男性に左後方から近づき、背中を無言で突き飛ばしたとみられる。逮捕時、少年は白いシャツと黒のズボン姿。ショルダーバッグに、現金3560円と自宅から持ち出した果物ナイフ(刃渡り12センチ)が入っていたとの事。

http://disktopaska.txt-nifty.com/aska/2008/03/post_017e.html

小中時代はいじめられっ子

「くさい」「デブ」。
少年の一家は阪神大震災で被災し、兵庫県尼崎市から大阪府大東市に引っ越した。
しかし、大柄だった少年は新しい環境になじめず、小中学校を通じて同級生からたびたびいじめを受けた。

同級生たちは、体格はいいがおとなしい少年を“格上(かくうえ)狩り”と称していじめの標的にした。
テレビゲームのキャラクターになぞらえ、「マスター」と呼んでからかった。
体育の授業後、少年の汗のにおいを「くさい」などとはやしたてた。少年は時には、イスを投げつけられたりもしていた。

「女子生徒にセクハラをした」。少年はそんな言いがかりをつけられ、体調を崩したこともあった。
学校では1人でいることが多く、休み時間は読書をして過ごすことが多かったという。

担任だった男性教諭は、少年について「目立たない存在だが、気持ちが優しかった」。
同級生の一人は「自分から人に接するのが上手じゃなかった。
だれにも相談できず、爆発して事件を起こしたのでは」と推測する。

http://read2ch.net/newsplus/1206770133/

現実離れの志望校

少年は大阪府池田市内の高校に進学した。
自宅から高校まで電車を乗り継いで約1時間半。
遠方の学校を選んで通学する少年の姿は、まるでいじめを避けるかのようだった。高校時代は放送部に所属。
始業式や終業式では放送機器の設置など裏方の準備に汗を流したが、1人でいることが多かったという。

「東大に行く」
学校関係者によると、少年は高校1年の時は東大農学部を志望。
2年の時は京大医学部への進学を目指していた。
成績はクラスの中で上位だったが、東大や京大にいけるほどの学力はなく、
担任は保護者に対し「よく勉強を頑張っているので、地方の大学なら推薦できる。
理想的な大学ばかり言わず、もう少し現実的に考えてほしい」とアドバイスしたという。

しかし少年は聞き入れず、頑固な一面もあった。
しかし高校3年の秋、家庭の経済的な理由などで大学進学は無理だと分かり12月の期末試験では成績が少し下がった。
その後は、「就職するために簿記の資格をとって、事務仕事をしたい。
4月からは知り合いに頼んで、アルバイトをしながら金をためる」などと話していたという。

http://read2ch.net/newsplus/1206770133/

職探し難航でストレス?

行く当ても確認せず家出し、電車に乗ってたどり着いたJR岡山駅ホーム。
無言で仮谷さんに近づき、肩のあたりを両手で押した少年は、自宅の台所から持ち出した果物ナイフを所持していた。
「人を刺そうと思って持っていた」。
県警の調べに対し、淡々とした様子で供述した少年は、
家出について「進学を希望したが、経済的な理由であきらめたことも理由の一つ。
大阪を離れたかった」とも話したという。

少年は「仕事をしながら来年の進学を目指したい」と周囲に打ち明けていたが、職探しが難航。
約3カ月前、小中学校時代の同級生に「金が足りず大学に行けない。
社会人になることを決め、就職活動をしているが仕事が見つからず難しい」と漏らしていた。
少年は事件前日も就職活動をしており、心理的に追い詰められていた可能性もある。

24日夜には一家で食事中、茨城県土浦市の8人殺傷事件がテレビのニュースで報じられた際、
父親に「こんなことしたらあかんで」と言われ、「うん」と返答した少年。
同級生らは「自分から危害を加えるようなタイプではなく、人に近づくのも苦手そうだった。
今でも信じられない」と突然の凶行に首をかしげる。
少年は、土浦市の8人殺傷事件に触発されたのであろうか。
それとも就職活動が難航するなどさまざまなストレスが爆発したのであろうか。岡山県警は、犯行動機の解明を急いでいる

http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/080329/crm0803291415013-n1.htm

岡山線路突き落とし殺人事件とは

ひぐらし・デスノ・小泉政治の影響!?

岡山市のJR岡山駅で、岡山県倉敷市、県職員假谷(かりや)国明さん(38)がホームから突き落とされ、死亡した事件で、県警は29日、大阪府大東市の少年(18)(殺人容疑で送検)の自宅を捜索、自宅に残していた携帯電話のほか、マンガ本、参考書などを押収した。
押収品には、猟奇的殺人事件を扱った「ひぐらしのなく頃に」や、死に神と手を組んだ青年が殺人を繰り返す「DEATH NOTE」のマンガ本などがあり、県警は犯行動機につながるものがないか解明を進める。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080330-00000000-yom-soci

判決

岡山地方検察庁による簡易精神鑑定では広汎性発達障害と診断された。

2009年6月17日、岡山地方裁判所は、少年に対して懲役5年以上10年以下の不定期刑を言い渡した。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B2%A1%E5%B1%B1%E9%A7%85%E7%AA%81%E3%81%8D%E8%90%BD%E3%81%A8%E3%81%97%E4%BA%8B%E4%BB%B6

「父さんがいなくなっても頑張るよ」 被害男性の長女(7)、お別れの手紙…葬儀参列者の涙誘う

「父さんがいなくなっても学校頑張るよ」。JR岡山駅の突き落とし事件で死亡した岡山県職員
 仮谷国明(かりや・くにあき)さん(38)の葬儀・告別式が二十八日営まれ、仮谷さんの長女(7)が
 思いをつづった手紙を祖父要(かなめ)さんが代読、参列者の涙を誘った。

 「いつもお仕事頑張ってくれてありがとう。つらい目に遭ったと思うけど、みんな父さんを心配していた。
 とても悲しくてなりません」

 出棺前、泣きじゃくる長女の手紙を読み上げた要さんは「けなげな言葉。(逮捕された少年に)聞かせて
 やりたい」と声を震わせた。参列者によると、仮谷さんの妻は式の最後には立っていられない状態で、
 周囲に支えられていたという。

 要さんは、少年への怒りを押し隠すかのように「しっかりと償って、社会に出たら世の中のためになる
 青年になってほしい」。報道陣には「本心は静かに送り出したかったが、こうした事件が二度とないよう
 報道してくれれば幸い」と話した。

 棺を乗せた車は、プロ野球阪神タイガースのファンだったという故人をしのび「六甲おろし」が流れる中、
 斎場を後にした。

 約千人が参列。石井正弘(いしい・まさひろ)岡山県知事も訪れ「人望があり温厚で将来を嘱望されていた。
 無念だっただろう」と語った。

 http://www.chugoku-np.co.jp/News/Sp200803280271.html

1