1. まとめトップ

劇場版ドラゴンボールの悪役達

ドラゴンボールの映画版の敵一覧。ちなみにジャンプフェスタの作品やOVA、ワンピースとトリコとのTVコラボの悪者も。主に劇場版なのでフリーザやセル、ブウは基本的にはいません。映画で有名どこはブロリーやクウラ、ターレスにガーリックJr.といったとこでしょうか。

更新日: 2016年03月02日

21 お気に入り 629557 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

劇場版

ドラゴンボール 神龍の伝説

出典lgm.cl

元々は人間の王だったが、掘り出したリッチストンで国内の財政が豊かになるに従い、荒廃していく国土を省みず美味しい料理を求めていくうちに醜い容姿へと姿を変え体も強大化していき、怪獣同然の姿になった。最高に美味しい料理を食べたいという食欲を満たそうと、部下2人にドラゴンボールを集めさせている。怪獣化した姿の彼に対し、悟空がかめはめ波を食らわせたものの、通用しなかった。腹の中で7つ集まったドラゴンボールの神龍がパンジの願いを叶えたことにより、村に緑が戻ると共に人間の姿に戻る。
最後に元の人間の姿に戻ったときには、普通のリンゴの味に満足していた。

グルメス大王の部下。単純な性格のタフで大柄な男性兵士。パスタと共にブルマらとドラゴンボール争奪戦を繰り広げた。グルメスのためにドラゴンボールを集め褒美を貰おうとする。悟空と激戦を繰り広げるが、巨大化したグルメス大王に踏み潰されペシャンコになる。その後の生死は不明。

グルメス大王の部下。容姿聡明な女性兵士。やや残酷な性格で兵器の扱いに長ける。ドラゴンボールよりもリッチストンを欲しがっていた。

ドラゴンボール 魔神城のねむり姫

悪魔の手と呼ばれる5つの連山に建つ魔神城に住み、魔人を手下に従える城主。若い女の生き血を好む。力が封印された宝石の秘宝・ねむり姫を盗み出し、その力が開放されるという5千年後のその日、その力を使って自分たちの弱点である光を放つ太陽を吹き飛ばして消し去り、地球を暗黒と極寒の世界にしようとした。悟空の攻撃を軽くいなす格闘能力を持ち、手から赤いエネルギー弾を放つ。発射しようとしていた太陽破壊光線砲の方向を悟空のかめはめ波により変えられ、自身が消滅してしまった。

ルシフェルの下で魔物の兵士を指揮し、魔神城内の監視をする巨大な赤い怪物。火の玉のようなものに乗って空を飛び、城内に潜入してきた悟空やクリリンたちを執拗に追い掛け回し、玉の付いた棒や体に巻きつけている刃物のようなピンクの帯で攻撃してくる。悟空を執拗に狙うが、最後は地底湖の怪物に食べられた。

ルシフェルの寡黙な付き人。ブルマから血を抜くための巨大な注射器を用意していた。ヤムチャに倒される。

ドラゴンボール 摩訶不思議大冒険

世界征服を企むミーファン帝国の大臣で、幼い帝王の餃子を騙し帝国を意のままに操っている。武術の達人であり、野望のために罪の無い人々を狩り出しドラゴンボール探索を強いている。

人を殺すことを何とも思わない非道な殺し屋、鶴仙人の実弟で天津飯の師匠でもある。兄の陰謀を邪魔する者を抹殺する役目を担っており、目的のためにはどんな手段でも選ばない。

ドラゴンボールZ オラの悟飯をかえせッ!!

300年前に神の座を争って敗れて封印された、ガーリックの息子で生まれ変わりでもある。神によれば、ガーリックが後継者に選ばれなかったのは、先代の神がガーリックの野望を見抜いていたからで、それを不服としたガーリックは先代の神に反逆するも敗れて封印され、「300年後に必ず復活する」と言い残して絶命し、その復讐を息子に託したという。ドラゴンボールによって永遠の命を得た唯一の悪役であり、ガーリック3人衆を率いて父の無念をはらすべく、神に復讐を敢行する。

本気を出すことで体の色が変化するとともに、筋骨隆々の姿に変身し、戦闘力が増幅してスピードとパワーがアップする。
神はガーリックJr.と1度戦い、その強さを受けて刺し違えることを決意したが、悟空とピッコロが現れ、ガーリックJr.は2人と戦うことになる。ガーリックJr.は悟空たちを圧倒するが、悟空たちが重い胴着を脱いだことで形勢を逆転させられると、空間にゆがみを発生させて、一条の光も届かない暗黒の世界の異次元空間「デッドゾーン」を作り出した。悟空たちはそれに吸い込まれそうになるが、眠っていた悟飯が秘められた力を爆発させたことで、ガーリックJr.は自ら作り出したデッドゾーンに吸い込まれた。

3人衆のリーダー格で鋭い攻撃力を持つ。牛魔王を背後から簡単に倒し、チチの攻撃を衝撃波で跳ね返して逆にダメージを与えるほどの使い手。「ショウガヤキーッ!」の掛け声で巨大化する。
ニッキー、サンショと3人で悟空に襲い掛かる。最後は体から二本の刀を出して悟空と戦うが、蹴り飛ばされ、エネルギー波を撃つもかめはめ波で押し返され、直撃を受けてニッキーとともに倒された。

女性的な言動が特徴で、子供に甘い。誘拐してきた悟飯の世話をした。子供が食べると酔っ払う林檎を悟飯が食べた際にはかなり手を焼いていた。しかし戦闘力は高く、ジンジャーと同じく、体から刀を取り出して悟空に斬り付けた。「ノドアメーッ!」の掛け声で巨大化する。
悟空が伸ばした如意棒の攻撃を食らって吹き飛ばされ、さらにかめはめ波の直撃を受けてジンジャーともども倒された。

3人の中では一番の巨体。「ウナジューッ!」の掛け声で巨大化する。物語の冒頭では3人がかりの不意打ちでピッコロを倒したが、ガーリック城での悟空との戦闘中に突如現れたピッコロには苦戦し、反撃するもことごとくかわされる。最期はピッコロの渾身の一撃によって殴り飛ばされ「1人ずつでは他愛もない奴ら」と罵られてエネルギー波で止めを刺された。

ドラゴンボールZ この世で一番強いヤツ

人間たちの支配をもくろむ悪の天才科学者。
病に倒れたが、助手であるDr.コーチンの手を借りて脳だけを生命維持装置へと移植し、研究所の最深部で生き延びていた。
脳は透明なバイザーで覆われており、その内部は透明な溶液で満たされている。普段はバイザー部分のみを壁から露出させているが、真の姿は巨大なサイボーグであり、その巨体を研究所のコア部分に隠していた。Dr.ウィロー自身はこの姿を「醜い身体」と評していたが、3倍界王拳を発動した悟空の突進、4倍界王拳かめはめ波にも耐えるほどの強固な装甲を持ち、衝撃波だけで悟飯やピッコロを吹き飛ばすなど、規格外の強さを誇る。

Dr.ウィローの助手であり同志。自分たちの才能が認められる理想の世界を築くため、病に倒れたDr.ウィローの脳を機械へと移植し、さらに神龍を呼び出してDr.ウィローを復活させた張本人。Dr.ウィローに相応しい最強の肉体を求めて、自らが創造した3体の凶暴戦士たち、洗脳したピッコロを悟空や亀仙人と戦わせた。バイオテクノロジーと環境操作技術の天才であり、彼いわく「その気になれば一瞬にして地球全土を砂漠にすることも可能」らしく、物語の3日前、南の都付近の森林を砂漠化させている。

バイオテクノロジーによりDr.コーチンが造った凶暴戦士。瞬間移動並の敏捷な動きを見せる(悟空は「残像拳ではない」と言っている)ほか、両腕から電気触手を発動してムチのように離れた相手に攻撃する能力も持っている。亀仙人はこの技を食らってダウンし、悟飯やクリリンも戦闘不能に陥った。エビフリャーと共に悟空の界王拳による突進を喰らって倒された。

Dr.コーチン配下の凶暴戦士。いかつい体が特徴。他の凶暴戦士とは異なり、劇中ではDr.コーチンに合わせて言葉を発するなど、彼の意思と同調しているかのような描写があった。掌から、触れたものを凍らせる「凍結拳」を放つ。この技により、悟飯とクリリンは一時的に凍らされた。悟空もこれを喰らって凍結しそうになるが、すんでのところで脱出した。最後は界王拳の一撃で壁に吹き飛ばされて倒された。

Dr.コーチン配下の凶暴戦士。かなりの巨体で、ゴムのように極めて柔らかい体を持つ。その体の柔軟さは多少の打撃程度なら無力化し、亀仙人や悟空のかめはめ波をもはね返すほどだが、悟空の界王拳には体が耐え切れず、腹部に穴を空けられて倒された。その際、まるで穴の空いた風船のように空中を漂っていた。

Dr.ウィローの手下の戦闘員たち。知能はそれほど高くは無いようだが、簡単な会話などは可能。煙のなかから咳き込みながら現れた亀仙人を見て唖然とし、汗をかく場面もある。ツルマイツブリ山を訪れた悟飯とウーロンを襲ったが、ピッコロによって蹴散らされた。その後、Dr.コーチンと共にカメハウスを訪れ、亀仙人に戦いを挑むも一蹴される。しかし、ブルマを人質に取って亀仙人を連行した。

ドラゴンボールZ 地球まるごと超決戦

サイヤ人の生き残りの一人で、肌が色黒である以外は孫悟空と瓜二つの容姿をしている。
下級戦士ではあるが、神精樹の実を食べ続けてきたため戦闘力は高く、ピッコロの攻撃を軽くいなし、フルパワーでないとはいえ魔貫光殺砲を片手で受け止めている。さらに、神精樹の実を食べた直後に、界王拳10倍を発動した悟空を圧倒し、Z戦士全員の一斉攻撃も返り討ちにし、元気玉をも打ち破っている。最後は悟空が神精樹の元気から作り出した2度目の元気玉の直撃を受けて、神精樹もろとも消滅した。
フリーザ一味の配下に属してはいるが、いつかはフリーザを倒して宇宙征服を狙っているなど、心から忠誠を誓っている訳ではない。

長髪を後ろで束ねているターレス軍団一の巨漢。凶悪な犯罪者であったため、宇宙警察機構に掴まりナッツ星に収容されていたが、ターレスが同星を侵略した時に脱獄し仲間となる。体を高速回転させて、気円斬を跳ね返すなどしてクリリンを追い詰めた。「〜でっせい」が口癖。ヤムチャが冒頭で乗っていた15年ローンで購入した新車を破壊した張本人で、神精樹を植える穴を掘るための爆発波を撃った際にヤムチャが巻き込まれている。

イヤリングやネックレスをつけたキザでオシャレ好きな男。もとはカボーチャ星プキンパ王朝の王子で、同星がターレスの攻撃を受けた際に防衛軍を率い抵抗。その勇敢さを見込まれターレス軍団に加わる。カカオとの連携攻撃が得意。

イコンダ星で起こった星間大戦の時に作られた、「ンダ」としか喋らない戦闘サイボーグ。宇宙の賞金稼ぎだったが、自らターレスの手下になった。メカで武装しており、強固な外装を持ち、身体各所のバーニアを利用してロケット噴射による高速移動が可能。繰気弾を駆使して戦うヤムチャの攻撃も受けるも圧倒的なスピードで苦戦させた。

1 2 3 4 5