1. まとめトップ

【キャプチャー機器不要】 PS4本体でゲームの実況動画を作成する方法/SHAREfactoryまとめ

キャプチャー機器を一切使わずPS4のSHAREボタンを使って実況動画を作成し、YouTube、ニコニコ動画等の動画サイトにアップロードする方法や、PS4専用の動画編集アプリ、SHAREfactoryで出来ることをまとめています。PS4でこれからゲーム画面を録画しようと思っている方は是非参考に!

更新日: 2017年04月17日

128 お気に入り 1051034 view
お気に入り追加

PS4から転送した動画データの入ったUSBストレージ機器をPCに接続して先ほど確認したフォルダの中をのぞいてみよう。
この動画データ (MP4)をPCにコピーして編集ソフトで編集するもよし、そのままニコニコ動画等の動画サイトにアップロードするもよし!

※編集ソフトで編集する際には[TM]や[R]マークのようなUnicodeをファイル名から削除してから読み込んでください(Unicodeがファイル名に含まれていると編集ソフト等で正しく読み込めない場合があります。)

おまけ: やっぱり編集もPS4で!

"動画編集は手馴れたPCでやるのが一番!"
という方もいるかもしれませんが、やはりPS4を使って編集出来たらそれは便利です。

ここではPS4で使える動画編集アプリについて軽く紹介します。

PS4のPlayStation Store、もしくはホームメニューで「SHAREfactory」という項目を選択するとPS4用動画編集アプリケーションのSHAREfactoryをダウンロードすることが出来ます。
アプリケーションの容量は約2GBになります。

SHAREfactoryで出来ること

SHAREfactoryではPS4のシェアボタンで録画された複数の動画を繋ぎ合わせたり(別々のゲームの動画を繋ぎ合わせることも可能)好きな場面だけ切り抜いたり動画にアフレコで音声・ビデオ解説を加えたり好きな音楽を流したりすること等が出来ます。
1つ1つその項目を紹介しましょう。

アプリ側で用意されたステッカーをクリップ内に好きな大きさ、好きな位置で表示することが出来ます。

動画の表示位置等を変えることが出来ます。

動画に反転やセピア等の効果を加えることが出来ます。

動画に自分で入力したテキストを好きな位置に表示させることが出来ます。
色の選択も可能です。

1つのクリップを複数のクリップに分割することが出来ます。
レイアウトや効果をクリップの途中で変更する際やトリミングを使う際に使用します。

クリップの不要部分をカットすることが出来ます。
「クリップの分割」と合わせて使うと1つのクリップの途中の不要な部分のみをカットすることも出来ます。

クリップとクリップの間にアプリ側で用意された切り換え効果を表示させることが出来ます。

マイクで後からアフレコで音声解説を追加したり、PlayStation Cameraを接続してビデオ付き音声解説を追加したりすることが出来ます。
ビデオ解説の表示位置はクリップの右上表示、左上表示、右下表示、左下表示、クリップと左右1:1で表示、クリップの上に全画面で表示する等といった表示方法を選択することが出来ます。
クリップとは別レイヤーになっているので、クリップとは別にトリミングすることが出来ます。

アプリ側で用意されているミュージックやUSBストレージ機器から取り込んだMP3やMP4形式の音声データをビデオクリップのバックで流すことが出来ます。
クリップとは別レイヤーになっているのでクリップとは別にトリミングを行うことが出来ます。
フェードイン/アウト設定も可能。

動画をアップロードする場合はアプリ側で用意された楽曲を使用するか、使用許可を得た楽曲を取り込んで使用することをオススメします。

※当まとめ作成者は閲覧者が何らかの権利侵害等に問われた場合でも一切の責任を持つことは出来ませんので音声ファイルの取り扱いにはご注意下さい。

編集を完了したらOPTIONSボタンを押して「ギャラリーへエクスポートする」という項目を選んでレンダリング(エンコード)を実行します。

エクスポートした動画はホームメニューの「キャプチャーギャラリー」の「SHAREfactory」フォルダに保存されます。(クリップを録画したゲームのフォルダには保存されないので注意)
USBストレージ機器に転送した際のフォルダも
[PS4] - [SHARE] - [Video Clips] - [SHAREfactory]
というフォルダ階層で保存されます。

SHAREfactoryで編集された動画

1 2