1. まとめトップ
  2. 雑学

背伸びして使うと恥をかく?誤用しやすい日本語「すべからく」とは

「学生はすべからく勉学に励むべきだ。」の意味。正しく理解している人は10人中4人だそう。

更新日: 2014年05月30日

198 お気に入り 408260 view
お気に入り追加

「すべからく」ってどんな意味だっけ?

平成22年度の「国語に関する世論調査」で,「学生はすべからく勉学に励むべきだ。」という例文を挙げて,「すべからく」の意味を尋ねました

10人中4人が「全て」または「皆」の意味で誤認しているらしい

学生ならすべての人が勉強すべきである。の様に取りそうな気がします。しかしまったく、そんな意味は無い

本来の使い方ではない「全て,皆」という意味と回答した人の割合が4割弱

正しくは「当然」「是非とも」という意味

本来の使い方である「当然,是非とも」という意味と回答した人の割合が4割強

「すべからく」は「すべて」という意味ではなく、「当然(当たり前のこととして)」という意味です。

「学生はすべからく学業を第一とすべきだ。」という例文であれば,「学生は当然のこととして学業を第一とすべきである。」「学生は是非とも学業を第一とすべきである。」という意味になります

あまりに誤用が多いためか、〈近年、「各ランナーはすべからく完走した」などと「すべて」の意で用いる場合があるが、誤り〉『大辞林』第3版(三省堂)のように、最近の辞書には誤用の例がのっていることが多いそうです。

正しい意味で答えた人は全体の約4割ほどだったそうです。「わからない」「別の意味または両方の意味がある」と答えた人を含め約6割の人が正しい意味で認識していないという結果に。特に60歳以上の人に誤用している人が多いそうです。

漢文由来の用法で本来は「~べし」で受けなければいけない

漢字では「須らく」あるいは「須く」と表記する。元々は漢文訓読から生まれた用法

必須の「須」だから当然という意味と覚えましょう。

本来,「すべからく」は,後に「~べし」や「~べきだ」等を伴う,漢文調の古い言い回しです

「未(いまだ~ず)」、「将(まさに~とす)」のように漢文訓読で二度読みする「再読文字」の一つです。ツイッターを見ると、この「~べし(それに類するものも)」を伴う使い方をしている人はかなり少ないです。「すべて」の意味で使っている例が多く、これは完全な誤りです。

「当然のこととして・・・すべき」と言う意味になります

本来は「~べき」を伴って「当然~しなければならない」という「義務」を強める意味です。

文法的には・・・サ変動詞「す」と、推量の助動詞「べし」の補助活用・・・「べかり」のついた「すべかり」のク語法になる

なぜ誤用してしまうのか

「全て」という意味での「すべからく」の用法が広がっているのはどうしてでしょうか

「すべからく」の「すべ」という音が「全て」の「すべ」と結び付いてしまうのも理由の一つかもしれません

語感からか「全て」の意味で用いられることもあるが、こちらの語源は「統ぶ+て(助詞)」であり、明らかな誤用である

「当然」と「全て」を入れ換えても意味が通じることも理由の一つ

「すべからく」を「全て,皆」という意味で受け取ってしまっても,違和感が生じにくいのです

「学生は,当然のこととして,勉学に励むべきだ。」という文意からすれば,「全ての学生は,勉学に励むべきだ。」ということも言えることになり,意味的につながってしまうのです。このように,「すべからく」は,意味的にも「全て,皆」と受け取られやすいところがあると言えそうです

聞く、読むだけなら本来の用法の「~べし」と書いてあれば、「すべからく」の意味を誤認していても意味がつながってしまいます。

使い方によっては、「1+1はすべからく2である」というような、正しいのか誤用なのかわからない表現もあり、語義が誤解される要因のひとつといえる

話すほうが間違った意味で使ったとしても、聞くほうは正しい意味でとるという場合もあります。

話す側と聞く側が通じているなら間違いも本物になる

お互いに間違った意味で会話が成立してしまうこともあります。この場合「全て」という意味は誤用でありながら「すべからく」のもう一つの意味として成立していることになります。

1 2





映画・アニメ・マンガ・音楽・食べ物関係のネタが好きです。自分の興味をみんなと共有できたらいいなと思います。「たのしい」まとめになるよう精進していきます!