1. まとめトップ

見て聴いて楽しめる♪ミュージカル映画の傑作

ミュージカル映画の名作まとめ。「雨に唄えば」「マイ・フェア・レディ」「レント」「レ・ミゼラブル」など。ジーンケリー/フレッドアステア/ドナルド・オコナー/ジュディガーランド/ユル・ブリンナー/オードリー・ヘプバーン/ジュリー・アンドリュース

更新日: 2015年08月22日

65 お気に入り 39058 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aqualmさん

『雨に唄えば』(1952年)

監督:ジーン・ケリー
  :スタンリー・ドーネン

出演:ジーン・ケリー
  :デビー・レイノルズ
  :ドナルド・オコナー

内容:サイレント映画からトーキー映画に移る時代を描いたコメディあふれるバックステージ(舞台裏)・ミュージカル。ハリウッドを代表する名作のひとつであり、今なお、色あせることなく輝きを放っている。

受賞歴:第10回ゴールデングローブ賞、主演男優賞(ミュージカル・コメディ部門)受賞。

アメリカ映画協会(AFI)発表したミュージカル映画ベストの第1位。

『ウェストサイド物語』(1961年)

監督:ロバート・ワイズ
  :ジェローム・ロビンス

出演:ナタリー・ウッド
  :リチャード・ベイマー

音楽:レナード・バーンスタイン(作曲)
  :スティーヴン・ソンドハイム(作詞)

受賞歴:第34回アカデミー賞、作品賞、監督賞、助演男優賞など全10部門受賞。

『王様と私』(1956年)

監督:ウォルター・ラング

出演:ユル・ブリンナー
  :デボラ・カー

受賞歴:アカデミー賞、主演男優賞、ミュージカル映画音楽賞など全5部門を受賞。ゴールデングローブ賞 作品賞、主演女優賞受賞。

『巴里のアメリカ人』(1951年)

監督:ヴィンセント・ミネリ

出演:ジーン・ケリー
  :レスリー・キャロン

内容:パリを舞台として、アメリカ人の画家とフランス人の女性の恋を描く。

受賞歴:アカデミー賞、作品賞、作曲賞など全6部門受賞。ゴールデングローブ賞 作品賞 (ミュージカル・コメディ部門)受賞。

『踊る大紐育』(1949年)

監督:ジーン・ケリー
  :スタンリー・ドーネン

出演:ジーン・ケリー
  :フランク・シナトラ
  :アン・ミラー
  :ベティ・ギャレット

音楽:レナード・バーンスタイン

内容:海軍の水兵3人が、ニューヨークで24時間の上陸許可を与えられる。3人はそれぞれ素敵な女性(とニューヨークの街)に惚れ込み、短い滞在期間の間に冒険を繰り広げる。しかし、3人は朝には船に戻って戦争と不確かな未来に出発しなければならなかった。

『私を野球に連れてって』(1949年)

監督:バスビー・バークレー

出演:フランク・シナトラ
  :ジーン・ケリー
  :エスター・ウィリアムズ
  :ベティ・ギャレット

内容:女性オーナー(エスター・ウィリアムス)に買収されてしまった野球チーム「ウルブス」の選手たちが繰り広げる恋模様をコミカルに描いたミュージカル映画。

主題歌は現在も米ダイリーグの試合でしばし愛唱されるほどのスタンダード・ナンバー。

『錨を上げて』(1945年)

監督:ジョージ・シドニー
出演:フランク・シナトラ
  :キャスリン・グレイソン
  :ジーン・ケリー

内容:4日間の休暇を与えられハリウッドにやって来た水兵の恋物語を描いたミュージカル映画。

受賞歴:1945年アカデミー作曲賞受賞作。

『イースターパレード』(1948年)

監督:チャールズ・ウォルターズ

出演:ジュディ・ガーランド
  :フレッド・アステア

原曲:アーヴィング・バーリン

受賞歴:アカデミー賞、編曲賞(ミュージカル映画)受賞。

『スタア誕生』(1954年)

監督:ジョージ・キューカー
出演:ジュディ・ガーランド
   :ジェームズ・メイソン

内容:1組のスター夫婦の長年の愛憎をセミミュージカル仕立てで描く、ハリウッドスターの美しくも悲しい物語。

受賞歴:ゴールデングローブ賞、主演女優賞 、主演男優賞受賞。

『サマー・ストック』(1950年)

監督:チャールズ・ウォルターズ

出演:ジュディ・ガーランド
  :ジーン・ケリー

内容:女手ひとりで切り盛りする農場に、都会の劇団一座を引き連れ妹が帰って来て、納屋を劇場にすると言い出し大騒ぎに。

『アニーよ銃をとれ』(1950年)

1 2 3