1. まとめトップ

今流行のファスティングとは?

アスリートや芸能人の間で話題となり、 今はダイエットだけではなく、美容・健康維持のために実践する人が後をたたない「ファスティング(断食)」。ファスティングは、英語のfastという動詞(断食する ・絶食する・精進する)の名詞形。つまり、「断食」「絶食」を意味します。

フランスでは「メスを使わない手術」ドイツでは「ファスティングで治らない病気は何をしても治らない」などの格言もあります。

絶大なファスティングの効果

大腸をきれいにする

こびりついた宿便を取り除きます。

理想の体重を保つ。

体細胞を燃焼させ代謝を活発にします。

感覚を鋭敏にする

味覚だけでなく、五感や感性が研ぎ澄まされ、心の状態も穏やかで清澄なものになります。

呼吸をきれいにする

汚れきった肺も新鮮さを取り戻します。

免疫力を高める

化学物質や重金属を解毒し、消化を正常にするので、アレルギーの人にも効果的です。

その他にも、ファスティングには様々な病気に効果があると言われています。

最大3週間の絶食となると相当な根気が必要となります。

実際にファスティングをおこなっている芸能人やアスリート

いつまでも美しいと思っていたら・・・やはりファスティングをしていた。

出典prcm.jp

男性でもファスティングをおこなう方が増えています。

集中力が増すと言われるファスティング。
多くの一流アスリートも取り入れています。

ファスティング中に飲む「酵素」が重要になる

断食と聞くと、水だけというイメージもありますが、最低の栄養素を取りながら断食を行うことにより、水だけと比べて、圧倒的な違いが生じます。

酵素ドリンクを飲むと、体内の酵素の無駄遣いをなくすことができます。すると代謝酵素の働きが強化され、脂肪分は燃焼されていきます。
酵素にはデトックス効果もあり、ダイエット効果を高めることができます。

間違えないファスティングのやり方

ファスティング期間だけを絶食したらいいという訳ではありません。しっかりしたファスティングの方法で行わない場合、リバウンド等を起こす危険性が考えられます。 
ファスティングを行う場合には、しっかりとやり方を把握した上で行うようにしましょう。

準備期 - 前日1日程度-

ファスティング前日には、体を慣らす事が重要です。 食べ過ぎ、飲み過ぎはせず、事果物、野菜、玄米、発酵食品中心にしたメニューにし、翌日からのファスティングのために体を慣らすようにしましょう。

ファスティングの効果を高めるため、あらかじめ腸を綺麗にしておくんですね。

本断食期 - 3-6日程度-

さぁ、ファスティング本番です。
一切の固形物は取らず、「酵素ドリンク」と「水」のみでファスティング期間中は過ごしましょう。

◆「6日間」がオススメ!

回復食期 -5日程度-

酵素ダイエットの回復(復食)期間のメニューは、できるだけ消化のよいものが基本です。
実践期間で体内の内臓や腸内環境がリセットされた状態です。
いきなり過度なストレスをかけることは、リバウンドへつながります。
過食、高カロリー、高脂肪な食事はNGです。

お腹一杯食べないということにも注意してください。
お腹は空っぽの状態ですから、まずは腹6分程度から。

ファスティングは6日間がオススメ!

いろんなWEBページでファスティングを探すと、ほとんどが3日間ファスティングについての記事が書かれています。 
しかし、3日で終わると本当にもったいないのです!

1 2 3





enjoylifedayさん

このまとめに参加する