1. まとめトップ

【キャッシング初心者必見!】キャッシングの審査基準を確認し、キャッシングを成功させる!

キャッシングの審査基準を確認し、キャッシングを成功させる!を軸にまとめてみました。

更新日: 2014年05月29日

cardloan555さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1 お気に入り 1750 view
お気に入り追加

キャッシング審査に関して

キャッシングと聞けば、審査もなく、手軽に現金が借りられると思っていませんか?
そんなところはありません。キャッシングを利用する際は必ず審査があります。

仮に、審査がない金融があったとしたら、いわゆる闇金融、悪徳業者になります。

なので審査を如何にして通すかっていうのが悩みですね。

審査基準

しかし、手軽に借りれるというのは、あながち間違いではないです。

審査の対象となるのは年収や勤続年数、住居や家族構成などです。普通に仕事をしていれば問題なく審査に通ります。

これは、正社員だけではなく、パートやアルバイトであっても同じです。正社員でなくてもキャッシングを利用出来ます。

【審査に落ちないための】傾向と対策

書類での誤字・脱字

キャッシングを利用するにあたって、信用が必要です。
書類の簡単な誤字、脱字も減点の対象になります。
下手をすると、単なるミスも故意に虚偽の記入をしたと思われる場合もあります。

書類記載の際はしっかりと確認しましょう。

法律上の問題

法律でお金を借りることができるのは年収の3分の1までと決められていて、それを超える借入はできません。

どうしても、借入が必要な方は、総量規制対象外のローン会社や消費者金融に申込みましょう。

自分の属性が低い

キャッシングでの「属性」とは、本人を構成するものにあたります。
住所や氏名、年齢、勤務先、勤務年数、年収などです。他にも、住んでいる家が持ち家なのか賃貸なのか、または住み込みなのか。保険証の種類なども本人属性になります。

勤務先や勤務年数、年収ですが...勤務年数は長いほうが、年収は高いほうが属性が高くなります。フリーターや自営業よりも公務員などの収入が安定している人のほうが高くなります。

自分の属性が高くないと思う方は、審査の緩いローン会社や消費者金融に申込みましょう。

過去の借入情報
期間を開けずに、借入を繰り返していると審査に通りにくくなります。

また、今までの借入回数や借入額は信用情報機関への照会ですべてわかるため、審査時は、くれぐれも嘘の記載をしないようにしましょう。

ブラック入りしている

過去の借入の返済の際に、長期間遅延をしていたり、自己破産などをしていると、ブラックと呼ばれ、信用が低くなります。だいたい、ブラックが取り消されるまで5年から10年かかります。

しかし、ブラック入りでも100%不可能ではないので、ブラックでも借りれる所、審査の緩い所に申し込みましょう。

主に、以上の事が審査対象になります。
過去に問題も無く、書類のミスもなく、借りる金額にも問題が無いのに審査に落ちている場合は、おそらく本人属性が低いと思われます。
申込んだ、ローン会社や消費者金融よりも審査が緩いところを探しましょう。

どうしても、申込んだローン会社や消費者金融がいい場合は、時間を開けてからもう一度申込みましょう。勤務年数や居住年数などが長くなれば審査に通りやすくなります。1回目が駄目でも2回目はすんなりと通ることもあるみたいです。

ということですね。大変参考になりました。

1





cardloan555さん

キャッシング系の記事適当に紹介していきます。
よかったらお気に入りに登録してください。