1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

ファサードもその時分には特別なデコレーションが施される。

入場者が12,000人ほどを数えるくらい、国の内外から芸術家、企業家、政治家を一堂に集めてのオーストリア最大の行事

その始まりは、「会議は踊れ」で知られるメッテルニヒの時代、1814年のウィーン会議だった。

連邦大統領はじめ、すべての政府関係者が出席し、国内外の賓客を招き、正装の上勲章を身につけ集まる

http://www.wiener-staatsoper.at/Content.Node/home/opernball/Karten.jp.php

リハーサルのゲネプロ見学(2014年2月26日)はお得な価格設定!
座席 EUR 20.- bis 40.-
立ち見席  EUR 15.-

オペラ座舞踏会開催日 2015年2月12日
入場券 EUR 250,-
ロージェ EUR 18.500,-
ステージロージェ(ダブルロージェ) EUR 18.500,-
ステージロージェ(シングルロージェ) EUR 10.200,-
ステージロージェ・テーブル EUR 9.000,-
6名用テーブル  EUR 1.080,-
4名用テーブル EUR 720,-
2名分テーブル席 EUR 360,-
4名用テーブル、6階   EUR 360,-
2名分テーブル席、6階  EUR 180,-

歌劇場平土間客席を取り外し舞台の高さと同じにしてダンスフロアが造られ、舞踏会当日は欧州中から集められた8万本の花(オーストリアの冬は花の季節でないので。)のフラワーアレンジメントが飾られ、午後10時に控室でダンスシューズに履き替えたデビュタントたちのフォーメーションダンスが始まり、それが終わると美しき青きドナウが演奏されるとボックス席でシャンパンを飲んでいた参列者6000人も踊りの輪に加わり、その様子はテレビで4時間生放送される。翌朝5時に舞踏会は終了する。

オープニングには180組ほどのデビュタントたちが参加します。彼らにとってこの日が社交会デビューとなり、大人社会に仲間入り

文字通り、社交界へ「デビューする人」、

「男は黒の燕尾服に白の手袋、女は白のイブニングドレスに白のアーム・ロング(肘まである長い手袋)着用が義務で各自が服装を用意する」引用元:
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%B3%E3%83%90%E3%83%AB

ダンス教室に通っている17歳~24歳の男女150組300人がオーディションで選出される。

女のティアラは運営者側から事前に贈られ美容院で落ちないようにセットされる。

以下、2014年のオーパンバルの模様をご覧下さい!

定番のクライマックス「美しき青きドナウ」の調べにのってワルツ!

2014年ゲネプロ。ぶっつけ本番じゃなくて、ちゃんと練習してるんです。

1