1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

【アメコミ映画】 ヒーロー生まれちゃうレベル?の熱い名言【マーベル】【DC】

アメコミ映画ならではの、ヒーローが生まれるキッカケとなった言葉をまとめてみました。ネタでビジネスシーンなどでの名言使い方も合わせて書いてます。

更新日: 2014年06月16日

186 お気に入り 460718 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

FAL1008さん

名言①

“大いなる力には、大いなる責任が伴う”

スパイダーマン(2002年)
アメイジングスパイダーマン(2012年)

等身大のヒーローとして今なお根強い人気。

主人公ピーター・パーカーの伯父であるベン・パーカーが亡くなる直前に遺した言葉。
それまでスーパーパワーを自分の使いたいがままに使っていたパーカーは、このベンおじさんの死によって発奮し、自身に備わった特異で圧倒的な力を街の人々のために使おうと決心する。

10回観て10回泣いてるわ。このシーン。

ピーターを見送った後、他界する。
泣ける。

力を得るということはすなわち自由を得ることであり、そして自由を得るということは、自分の行動に責任を負うということ。

自由にも責任はある!
なるほど。

▼この名言の使い方▼
昇進して天狗になっている同僚に言ってやりましょう。

ベンおじさんだけじゃない!
↓メイおばさんの名言に至る展開↓
(スパイダーマン2より)

毎日のように発生する事件から目を背け、一人の若者に徹しようとするピーター。

ピーターはメイ叔母さんの家で、引っ越しの手伝いをする近所の少年に「スパイダーマンはどこに行ったの?きっと帰ってくるよね?」と尋ねられる。

ピーター=スパイダーマンと気づいている訳ではない。

おもわず目を逸らして「わからない」と応えるピーター。
失望したように肩を落すヘンリー少年について、メイ叔母さんはこんな風に語ります。

誰だってヒーローを愛している。
その姿を見たがり、応援し、名前を呼び、何年もたったあとで語り継ぐでしょう。
苦しくても諦めちゃいけないと教えてくれたヒーローがいたことを。

誰の心の中にもヒーローがいるから、正直に生きられる。
強くもなれるし、気高くもなれる。そして最後には誇りを抱いて死ねる。

でも、そのためには常に他人のことを考え、いちばん欲しいものを諦めなくちゃならないこともある。自分の夢さえも。
ヘンリーはその気持ちを教わったから、スパイダーマンの行方を聞くの。

彼には必要だから。

メイおばさんにとっては、争いごとは大嫌いだったけれど、最後まで他人を思いやり、正義を貫いたがために死ななければならなかった亡夫ベンがヒーローだったのだ。

小さな人助けだけではない。
彼には誰かのヒーローという責任があったのだ。

名言②

“今いる場所がわからないと自覚した時、道探しが始まる”

マイティ・ソー(2011年)

ムジョルニアを駆使して敵と戦う

これで神失格者であることを認識する。

セルヴィグ博士が落ち込んだソーに対して語りかける

傲慢な態度で、父に罰を受けたソーが、罰の意味を理解して途方にくれていた。
その時、セルヴィグ博士がソーを奮起させた名言。
日常生活でも使えるレベルの名言。

▼この名言の使い方▼
リストラ級の事象が発生した人に言ってあげましょう。

↓ちなみに成長したソーはこんな事言います。↓

諦めてはダメだ。始めたことはやり通せ。

強気と優しさが同居した言葉。

1 2 3 4 5 6