1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

この記事は私がまとめました

▼Twitterでとある言葉が大ブレイクしそうな予感

それでは今日は朝からみそパンを食べていきたいと思います…う〜んOC…群馬の素朴さが口に広がり…OCです…うん、OC! pic.twitter.com/jMf10OrkwH

口の中に 牛肉の ジューシーさと しつこさのない 爽やかな味が 広がって OCです pic.twitter.com/DSoVOKM0Ki

にゃるです。それでは、この、明らか小さいいくら寿司を、食べていきたいと思、食べたいと思、思います。それでは食べます。 あ〜〜OC。…ん〜OC。それでは、ここまでに、しときます。それでは、みなさん、さよなら。 pic.twitter.com/Vu1lYiekGr

控えめの甘さと固めのプレッツェルが口の中に広がりOCです。 pic.twitter.com/s3opKEVwqE

SEIKINさんが昨日上げてた動画のジャガイモの料理作った! カリカリするところとホクホクのところがあってすっごくOCです(*´﹃`*) pic.twitter.com/rKJsNI0oZA

▼「美味しいです」⇒「OCです」

女子高生を「JK」と略するのと同じく、「美味しい」を「OC」と言うのはかなり斬新。語呂も良いため使う人が急増していると思われる。

▼ブームの火付け役はとあるYouTuber

自身のYouTubeチャンネル『垂蔵チャンネル』にて食品レビュー動画をアップロードしており、木訥*なレビュー、隠しきれない関西弁が醸し出す独特な雰囲気の動画は一部で注目を浴びていた。

*朴訥(ぼくとつ):かざりけがなく、口数が少ないこと。

レビューのあとに「OCです」を連発し笑いを誘うたれぞうさんのレビューは、ユーモアがあってかなり面白い。

「たれぞうです」という自己紹介に始まり、パッケージ記載事項諸々を淡々と読み上げてから、飲み・食べ、「OC」「ハァーOC」「〇〇が口の中に広がってOCです」と言うのがテンプレートであり、全てである。

動画内で商品を飲みきり、美味しさを飲みっぷりで示している。その飾らないスタイルが人気の要因でもある。

1