2010年(平成22年)12月17日午前7時40分ごろ、茨城県取手市のJR東日本・関東鉄道取手駅の西口ロータリーにて停車中の関東鉄道の路線バスに男が乗り込み、突然包丁を取り出して通学中の江戸川学園取手中学校・高等学校の女子高生ら14人を次々に刺した。

この事件で高校生9人、中学生3人、一般人2人が負傷した。うち、49歳の女性が重傷を負った。

事件当時、取手駅西口バスロータリーにバスは2台在線しており、関東鉄道取手営業所所属の7時45分発の中央タウン経由江戸川学園行きのバス(以降、1台目と呼称)と守谷駅東口から到着し、7時50分発の中央タウン経由江戸川学園行きになるバス(以降、2台目と呼称)が居た。男はまず前に止まっていた1台目のバスに侵入し、乗客の女子中学生に「このバスは◯◯に行きますか?」と訪ねた。女子中学生が否定すると、女子中学生の顔を殴り、その後包丁を振り回して乗客を次々に刺した。出入口に逃げ惑う生徒が殺到し、将棋倒しになった。男は2台目に移動して2人に軽傷を負わせたのち、乗客に現行犯逮捕され、茨城県警取手警察署に殺人未遂容疑で連行された。消防関係者は「ある生徒は鼻の横を切られたほか、耳の後ろも切られ、襟に血がついていた。ある婦人は、頭部の動脈を切られ、タオルで出血を押さえながら、座り込んでいた」と話した。

事件を巡っては、事件現場の周囲にいた通行人がtwitterを用いて現場の状況を速報するなどの行為も見られ、ネットなどで特に話題となっている。

また、この事件は、アメリカのCNN、ABC、イギリスのデイリー・テレグラフ 、デイリー・メール、中国の人民日報、カタールの衛星テレビ局アルジャジーラなどの外国メディアによって、海外にも報じられた。

2011年(平成23年)5月27日、水戸地方検察庁は犯人を傷害と銃刀法違反の罪で起訴した。逮捕容疑は殺人未遂であったが、被害者の怪我の程度が1〜3週間と比較的軽く、殺意の認定が難しかったことから傷害罪等での起訴となった。

同年9月12日、水戸地方裁判所(菱田泰信裁判長)において懲役3年6月の判決が出された。判決理由で裁判長は「劣等感に追い詰められ、死刑願望から優秀な生徒たちを道連れにしようとした動機は、独り善がりで身勝手極まりない」、「通勤、通学客で混雑するバスの中で手加減せず無差別に襲っており、社会に大きな不安や衝撃を与えた結果は重大だ」と述べた。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%96%E6%89%8B%E9%A7%85%E9%80%9A%E3%82%8A%E9%AD%94%E4%BA%8B%E4%BB%B6

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

取手駅通り魔事件とは【斎藤勇太】

取手駅通り魔事件(とりでえきとおりまじけん)とは、2010年(平成22年)12月17日に発生した通り魔事件である。

このまとめを見る