1. まとめトップ
1679 お気に入り 985106 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

takanori5さん

体質を変えることでリバウンド知らずに

やせる体質をつくるコツ1「朝型生活で高代謝ボディ!」

午前中のうちに体を積極的に動かすと、その後5~6時間は代謝のよい状態が続くといわれています。通勤通学、外出、買い物etc……、日中は何かと活動することが多いので、1日の始まりに代謝のよい状態を作っておけば、エネルギー消費アップにつながり、ダイエット的にも有利。

やせる体質をつくるコツ2「体を温める」

冷えは基礎代謝を下げます。
夏場でも冷たいものをたくさん飲んだり食べたりしないように気をつけましょう。
ショウガや香辛料、根菜などは体を温める食べ物ですので積極的に摂りましょう。

また、お風呂はをシャワーだけですまさないことが大切です。
お風呂は38℃~40℃のぬるま湯に20分以上半身浴をすると効果的です。

痩せる体質をつくるコツ3「やわらかい体をつくる」

体が柔らかくなると、血行が良くなり冷えが改善されるので、代謝が活発になります。体温が1度下がると、基礎代謝が12%も落ちてしまうので、このように血行を良くして冷えを改善することは、ダイエットには欠かせないことなのです。そのうえ、柔らかい体は可動域が広く、体を大きく動かすことができるため、消費カロリーも増えるんですよ。

■女性が柔らかくしておきたい3つのパーツ

(1)股関節

股関節を柔らかくするには、まず両脚を伸ばして仰向けになり、右脚を浮かせます。そして、股関節を意識しながら、外回り、内回り各10回ずつ脚を回します。右脚が終わったら、左脚も同様に行います。

(2)骨盤

骨盤が柔らかくなると、お腹周りの脂肪がつきにくくなります。両腕を腰にあて、脚を肩幅に開いて真っ直ぐに立ち、そのまま腰を大きくグルグルと回します。右に20回回したら、左も同様に行います。
また、仰向けに寝て膝を立て、その状態で脚を組みます。上半身を動かさないように、脚を右に倒し10秒キープしたら、次は左側に倒し1o秒キープします。そうすることで、骨盤を柔らかくするだけではなく、歪みを改善することにもつながります。

(3)肩甲骨

肩甲骨が柔らかくなると、ブラジャーからはみ出してしまう背中の脂肪をスッキリさせることができます。脚を肩幅に開いて立ち、両腕を真っ直ぐ上に伸ばします。伸ばした腕をクロスし、両手のひらをくっつけたら、体を前後左右にゆっくりと倒していきます。この動きを数回繰り返したら、右回りに大きく円を描くように上体をグルっと回しましょう。左周りも同様に、各3回ずつ行ってください。

1