1. まとめトップ

くせ毛とさよなら梅雨の湿気対策法!!【もう髪型に悩まない!】

これからの梅雨、夏の季節の湿気でうねる、潰れる、縮れる、膨れる、4つのくせ毛への対策法!!明日から使えるヘアケア法をお伝えします!!

更新日: 2014年06月02日

9 お気に入り 70838 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

nemutsukiさん

なんで雨でくせ毛になるの??

毛髪は、外部からの水分(=浸透水)を髪の内部に保持しています。健康な毛髪の場合、水分量は7~11%に保たれていて、適温でドライヤーをかけても外部に流出することはありません。しかし、健康な毛髪は最大35%まで水分を保持することができ、湿度が高くなると毛髪は必要以上の水分を吸収してしまいます。それによって、髪が膨潤してうねりが強くなる、というわけです。

ダメージヘアは、水分を含みやすいだけでなく、水分を放出しやすいという性質があります。つまり、適切な水分量を保つことができない、ということ。

出典http://allabout.co.jp/gm/gc/381647/

トリートメントで前日から予防する!!

髪のダメージを進行させないようにするには、毛髪の表面を覆うキューティクルがはがれないようにすることが大切です。そのために、リンス・コンディショナー・トリートメントを正しく使い、毛髪の表面をカバーするようにしましょう。洗い流さないトリートメントも効果的です。

タオルを熱いお湯につけて絞り、蒸しタオルを作って髪を包みます。トリートメントの浸透力がグッと高まります。

3~5分の放置が目安。30分以上置くという声もありますが、一定時間を過ぎればあまり効果は変わらなくなるもの。長くても10分を目安にして。

いつもより念入りなドライヤー!!

湿気でペッタンコになる特にメンズの方々!!いつも以上にボリュームを大げさに出しましょう。潰れづらく適度なボリュームを残すことが可能です。ドライヤーは根元に当て5秒髪を手で持ち続け冷えてから手を離すのがコツです。

マイナスイオンドライヤーで髪にツヤを出し表面のキューティクルを整えてあげるのもコツです。

ヘアアイロンで手早くストレートヘア!!

ヘアアイロンを使えばくせ毛をストレートにすることが可能です。最近へネットで美容専売品が買えますので買っておくと便利でしょう。温度は160~180度で使うのがオススメ。それ以上はタンパクが変形してしまうので注意!

最近はコードレスの持ち運び可能な小型ヘアアイロンもありますので携帯するようにすると吉です。

ワックスの油分で水分を遮断!!

男性には馴染みのある水分を控え、空気感を持つ軽さと高いキープ力を持つドライ系のワックスを使うと良いでしょう。まんべんなく髪に馴染ませ湿気による水分をワックスの油分で遮断します。

セバスチャンのクラフトクレイやギャッツビーのグランジマットなどがおすすめです。

ヘアスプレーで形をキープ!!

湿気がある日はソフトスプレーでなくハードスプレーを全体に吹きかけるのがポイント。形状記憶機能でしっかりキープできます。立ち上げる箇所だけでなく抑えるところにもスプレーするようにしましょう。

トリエ デザインフィックススプレー10やアリミノ スパイスシャワーフリーズなどがおすすめです。

シャンプーで落ちにくい事もありませんし、スタイルのキープ力も十分だと思います。
スプレーの粒子の細かさは市販のものと比べると細かく、使いやすいと思います。

意外?ベビーパウダーでキープ!!

おでこと前髪の裏にベビーパウダーを付けるようにしましょう。前髪に付着しようとする外気の湿気と肌の油分、汗をパウダーが吸収してくれます。

髪が湿気てしまったときベビーパウダーを前髪などにフワフワはたいてコームでとかしたら,色も付かず残留せず湿気を吸ってホコリと一緒に落ちますからサラサラに戻ります。水なしの簡易シャンプーとしても使っている方もいるそうです。

出典http://chieco.cosme.net/board/board_id/32755

ヘアアレンジで乗り切る!

突然の雨の場合上記の技は使えません。そんな時でもすぐに出来るのがヘアアレンジ!

特に癖の強く出る前髪は湿気の天敵です。ピンなので止めれば気になりません!

水分の多いジェルワックスを使用し癖を活かしたヘアスタイルにチェンジ。水分をまとっているので湿気に負けません。

手間いらずのお洒落感のあるヘアアレンジ法です。レディースでも気軽にできます。

縮毛矯正やパーマをかける!!

熱変成を利用して酸化による形状の固定と、毛髪内の水素結合の関連付けさせる技法。パーマや縮毛矯正をすればどんなに強風や湿気でも理想の形をキープできます。毎日のセットも簡単にできます。

1