矛盾は、それが矛盾でなくなるようないっそう高次の段階に移行することによって克服される。(略)この新しい段階でふたたび自己否定による矛盾が生じ、さらに否定の否定が行われて、また一段と高い次元に進む。

出典中埜肇『ヘーゲル 理性と現実』(中公新書)から引用

ヘーゲルの弁証法は、上方へ向かう自己発展の運動の論理だと言えます。あるものが矛盾と出会い、それを克服することで高次の存在となる。人間って確かにそういう感じで成長していくなあなどと感想を抱いたりします。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

《大学入学共通テスト倫理》のためのゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲル

センター試験の倫理科目のために哲学者を一人ずつ簡単にまとめています。ゲオルク・フリードリヒ・ヘーゲル(1770~1831)。キーワード:「弁証法」「テーゼ(正)、アンチテーゼ(反)、ジンテーゼ(合)」「止揚(アウフヘーベン)」「絶対精神(世界精神)」主著『精神現象学』『法の哲学』『歴史哲学』

このまとめを見る