ヘーゲルの考える絶対者とは決して有限者に対立するものではない。(略)有限者の変化を通じて絶対者は自己を実現してゆくのである。

出典『世界の名著 ヘーゲル』(中央公論社)、岩崎武雄「ヘーゲルの生涯と思想」から

これがヘーゲルの「絶対精神」。(人間の)精神が有限の現実を全て含み、それ自身宇宙的な無限の広がりをもっていく。ヘーゲルは精神(の完成)を無限のスケールで構想しました。「絶対知」とか「世界精神」とかも呼ばれます。すごい命名&スケールです。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

《大学入学共通テスト倫理》のためのゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲル

センター試験の倫理科目のために哲学者を一人ずつ簡単にまとめています。ゲオルク・フリードリヒ・ヘーゲル(1770~1831)。キーワード:「弁証法」「テーゼ(正)、アンチテーゼ(反)、ジンテーゼ(合)」「止揚(アウフヘーベン)」「絶対精神(世界精神)」主著『精神現象学』『法の哲学』『歴史哲学』

このまとめを見る