出典 ochabiさんがアップロード

これが弁証法のイメージです。

「テーゼ(正、即自)」が「アンチテーゼ(反、対自)」と統合され、「ジンテーゼ(合、即自=対自)」になる。この上昇の運動を「アウフヘーベン(止揚・しよう)」と呼び、この全体の構成をヘーゲルの弁証法と呼びます。否定を媒介とするこの運動が延々と続くと「絶対精神」へと至ります。

この情報が含まれているまとめはこちら

《大学入学共通テスト倫理》のためのゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲル

センター試験の倫理科目のために哲学者を一人ずつ簡単にまとめています。ゲオルク・フリードリヒ・ヘーゲル(1770~1831)。キーワード:「弁証法」「テーゼ(正)、アンチテーゼ(反)、ジンテーゼ(合)」「止揚(アウフヘーベン)」「絶対精神(世界精神)」主著『精神現象学』『法の哲学』『歴史哲学』

このまとめを見る