1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

ビジネスの基礎用語「ご高配」の意味と使い方

ビジネス文書で「平素は格別のご高配を賜り厚く御礼を申し上げます。」という常套句としてよく用いられる「ご高配」という言葉の意味と使い方・例文のまとめ。

更新日: 2016年10月01日

32 お気に入り 556945 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

springspringさん

-ビジネスメール・ビジネス文書でよく見かける「ご高配」

例文の【 平素は格別のご高配を賜り厚く御礼を申し上げます。 】っての読んで頭の中がハテナだらけになったもん(^q^)一体なにを言ってるのだこれは…!

ビジネスメール・ビジネス文章で良く用いられるこのフレーズ。

-「ご高配」の読み方と意味とは?

《読み方》
ご高配の読み方は「(ご)こうはい」

《意味》
「相手の配慮や心配り」
「相手が自分のことをよく思ってくれている」ことを表す言葉

「高」は「たかい」という意味。「配」は「くばる、並べる」という意味。配慮(はいりょ)という言葉を思い出すと良いかも。

-「ご高配」の使い方・例文

この一文はビジネスメール・ビジネス文書における使い勝手のよい決まり言葉なのでフレーズとして覚えたいところ。

《例文①》
「(拝啓)平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます」

平素(へいそ):普段
格別(かくべつ):特別に・ひいきに
賜り(たまわり):大切なものを頂く

「特別な配慮をしていただいて」「特に心配りしていただいて」「特に目をかけていただいて」という意味になる。ビジネスメール、ビジネス文章でよく用いられる言葉。

《例文②》
「ご高配頂きありがとうございます」

例文①が固すぎる場合はこちらの表現を使うとよい。

《例文③》
「ご高配のほどお願い申し上げます」

「今後ともお引立て下さいますようお願い申し上げます」という意味。

-メールでの打ち間違えには気をつけたい

お客さんから来たメール… 「ご高配のほどや炉しくお願い致します」 難し気な言葉が使われてると思ったら、ただの打ち間違いだった(。・_・。)

「宜しくご高配の程」、を間違って「宜しくご交配のほど」と書いてメールしてしまった・・気付かなかった orz なんとなくエロい・・・

-「ご高配」の同義語・類義語・言い換え表現

ご懇情(ご・こんじょう)

親切で真心を尽くした心くばり。

ご厚誼(ご・こうぎ)・ご高誼(ご・こうぎ)

意味:厚いよしみ、つまり親しく交わっていること。「ご厚誼、ご厚情を賜り~」などとご厚情とともに用いられることが多い。

ご芳情(ご・ほうじょう)・ご芳心(ご・ほうしん)・芳志(ご・ほうし)

「ご高配」やこれらの言葉で固すぎる文章になる場合、次のような言葉に言い換える。

お気遣い ・ お心遣い ・ 配慮 ・ お計らい ・ 配意 ・ ご配意

-参考

1