出典 president.jp

日本ポリグル

納豆のネバネバで飲み水を作るBOPビジネスの可能性

開発途上国の貧しい人々を支援しながらビジネスを展開する新しい考え方である「BOPビジネス」の先駆的企業が日本ポリグルだ。創業者で会長の小田兼利は納豆菌などのネバネバ成分から優れた水質浄化剤を開発し、それを安く開発途上国で販売することで安全な水を提供する。

この情報が含まれているまとめはこちら

2025年には世界的な水不足に。国家間の水紛争も発生する中、水ビジネスは活況

人々の命を、直接的にも間接的にも支えているもっとも重要な「水資源」 検索用【水リスク、干ばつ、旱魃、エルニーニョ、エルニーニョ現象】

このまとめを見る