1. まとめトップ

頭のいい人になる7つのコツ

頭のいい人と頭が悪い人とではどのような違いや特徴があるのでしょうか?どうせなら頭がいい人たちの習慣やスキルを学んで自分のものにしたいと思いますよね。そこで本日は頭のいい人の特徴をご紹介します。

更新日: 2014年06月04日

42 お気に入り 21500 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ishinada0801さん

「オッカムのカミソリ」を持っている

「オッカムのカミソリ」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

これは、
不必要なものは全てそぎ落として必要なものだけで仮定する、
という考え方を表した言葉です。

「この情報は使えるな。これもいつか使うかもしれない」とやっていると情報量は莫大になり、ガラクタのようなものまで混じりだします。

頭のいい人は、今自分に必要な情報のみを見抜いて、他はすべて捨てるというスキルに長けています。

スティーブ・ジョブズ氏も次のような発言をしています。

方向を間違えたり、やり過ぎたりしないようにするには、
まず「本当は重要でも何でもない1000のこと」にノーと言う必要がある。

知識のデータベースが充実している

「この人はなんでも知っているなぁ」
「どんな話題にもついていけてすごい!」

このように頭のいい人は知識量が多く、またその知識を引き出すキッカケも多いのが特徴と言えます。

知識だけあっても、それを適切なタイミングで言葉にして伝えることができなければ本当の意味での知識にはなっていないでしょう。

頭のいい人は多くのことに興味があるので、
わからないことがあればすぐに調べようとします。

例えば先程の「オッカムのカミソリ」。

彼らがもしこの言葉を知らなければ、すぐにその場でGoogle検索して大枠の概念をつかもうとします。

こういった繰り返しで自然と使える知識の量が増えていくようです。

常に新しいやり方を模索している

私たちは親や兄弟、先生、上司などから様々なことを教えてもらいます。

そしてそのやり方が「一番効果的な方法」だと信じて疑いません。

ほんの少し考えればもっといい方法があるのに、
それを見ようともしないのです。

一方で頭のいい人はその真逆です。

「もっと良い方法はないか?」
「こうすれば効率アップになるかもしれない」
「どうしてみんなやらないんだろう?」

このような情報の捉え方の違いで頭のいい人とそうでない人との行動の違いが生まれます。

数字に強い

会話の中に数字を入れて話す人は知的に思われがちです。

すごく単純な話ですが、
それだけ私たちが数字に弱いということがわかります。

数字を会話に入れるには考える時点から数字を捉えていなければ、言葉になって出てきません。

「この人、背が大きいなぁ」
ではなく、

「この人、185cmぐらいかな?自分は170cmだから15cmの差はこれぐらいなんだ」
と小さなことでも数字化してみるといいかもしれませんね。

ただし「このPCはIntel Atom Processor N450 1.66GHz,512kbキャッシュだからしょぼいよね」みたいなマニアックな話だったりうんちくばかりだったりするとウザい!と思われるかもしれないので注意が必要かもしれません・・・。

情報を鵜呑みにしないで検証する

私の友人にこんな人がいました。

発掘あるある大辞典で「納豆を食べると痩せる!」と紹介され納豆ブームが起きましたが、結局それはガセネタだったという話を覚えているでしょうか。

私の家族や周りの人たちもブームのときは、
「納豆食べると痩せるんだって!」
「みたいだね!」
みたいな会話をしていました。

しかしその友人だけはこう言いました。

「うーん、なんか腑に落ちないな。だって納豆のカロリーは100キロカロリー以上あるし、白米と納豆だけでそれなりのカロリーだから逆に太ると思うんだけど」

しかし残念ながら周りの人は彼の言葉に耳を傾けるよりも、
テレビのガセネタを信じきっていました・・・。

このようにテレビや新聞、雑誌などのメディア情報に踊らされず、まずは自分で考えるのも頭のいい人の特徴でしょう。

イレギュラー対応が得意

多くの人は型にはまったテンプレート通りの行動をします。

そしてその型からはみ出たいわゆる「例外」が起こった時にはどうしていいかわからなくなりパニックになります。

頭のいい人はそのときにどうすればいいか瞬時に判断し、柔軟に対応します。

判断力がない人の特徴でもご紹介したような、
レストランの店内はガラガラなのに頑固として一人で来た客にはカウンター席に座らせるような店員さんには間違いなくならないでしょう。

ゴールまでの距離を最短で考える

頭のいい人はまずゴールを決めます。

次にゴールまでの距離をどういった手段でやるか考えます。

このときに役立つ考え方が「オッカムのカミソリ」です。

無駄なものはそぎ落とし、ショートカットは躊躇しません。

時には常識はずれな行動をしていると思われることもあるかもしれません。

が、結果的にその手段が最も効果的な手段だと認められることになるでしょう。

頭のいい人になりきることで能力はアップする

もともと数字に強かったり、論理的に考えることができたりする違いは人によって違います。

しかしそれは日々の取り組み方でいくらでもトレーニングすることが可能です。

仕事に取り組むときは「あの人だったらどうするか?」と成りきって考えることです。

また頭のいい人が身近にいるのならとことん盗んで自分のスキルにしてしまいましょう。

1