1. まとめトップ

あなたはあと何年生きられますか?ご存知ですか「平均余命」という存在を

平均寿命って言葉や、数値を良く目にしますが・・・少し、間違えて覚えていたようなので、この機会に調べなおしてみました。

更新日: 2014年06月04日

2 お気に入り 7802 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

masyan0238さん

男の平均寿命
1位:長野(80.88)
2位:滋賀(80.58)
3位:福井(80.47)

女の平均寿命
1位:長野(87.18)
2位:島根(87.07)
3位:沖縄(87.02)

こんな数字を良く目にしますが・・・
すこし、誤解があったようなので、調べてみました。

平均寿命という言葉の意味を誤解してませんか?

平均寿命とは、0歳における平均余命

日本の厚生労働省が発表している日本人の平均寿命は、ある程度以上の年齢のデータについては除外して計算している。これは、あまりに少数の高齢の人物のデータを算入すると、その生死によって寿命の統計が大きく影響を受けてしまうからである。

平成21年簡易生命表によると

男の平均寿命は79.59年、女の平均寿命は86.44年。
また、平均寿命の男女差は、6.85年。

つまり、平成21年に発表された平均寿命とは・・・平成21年に0歳の人が生きる年月ってこと。

では、平均余命を見てみましょう。

平均余命は、それぞれの年齢の人が平均で何年生きられるかを予測した数値で、平均寿命は、0歳の子どもが平均で何年生きられるかを予測した数値。
(出典:厚生労働省「2011年簡易生命」)

簡易生命表とは?

国民の人口統計で作られる生命表。
厚生労働省から発表されます。

国勢調査に基づく完全生命表というものが、5年にごとに作成されますが、毎年ではないため、簡略化した簡易生命表が毎年作成されます。

自分の年齢の平均余命・死亡率まで知れちゃう「完全生命表」はコチラ

もし、あなたが40歳男性の場合の見方は

生存数・・・生まれた男性100,000人中、97,918人が40歳になれます。
生存率・・・あたたは99.87%の確率で41歳の誕生日を迎えることができます。
死亡率・・・あなたが40歳で死ぬ可能性は0.12%です。

平均余命・・・あなたは、あと40.73年間生きることができます。

こんな感じでしょうか。

完全生命表とは?

5年毎に作成される。国勢調査(5年おき)の結果や、人口動態統計の確定値で算出される。

「完全生命表」は確定値・決定版

精度の上では「簡易生命表」は概算値、「完全生命表」は確定値・決定版という位置づけである。今回は2012年分について「簡易生命表」が発表されたため、その値を反映しているが、経年変化のものについては5年おきの分をはじめ「完全生命表」が発表された年のものは、それが反映されている。

よく分かりませんが、こんな数式で・・・
人口統計学の分野で年齢別・男女別などに分類して、それぞれの年齢別・性別に、次の誕生日までの間の生存率・死亡率及び平均余命などを示す。

年金繰り下げを75歳まで延長する案が出てますが・・・どうしますか?

早く受け取れば年金額が減り、遅く受け取れば年金額が増える

繰り下げはうまく使えば、個々の人生には「お得」な仕組み。

でも、自分が何歳まで生きるのか、分からないのに判断するのは難しいですよね。
そんな時の判断材料に、ちょっと眺めてみてはいかがですか?

都道府県別のデータも発表されています!参考にして下さい。

主な年齢「0歳、20歳、40歳、65歳、75歳」の平均余命

主な年齢「0歳、20歳、40歳、65歳、75歳」の平均余命

1