1. まとめトップ

ネットワークビジネスに勧誘されたら【断る?受ける?】

久しぶりに会った友人に「良い集まりがある」「おすすめの講習会がある」といわれて付き合いで行ったら…。なんて事、実は誰にでもあることなんですよ。勧誘される前の自衛としても、勧誘された後の判断の参考としても、ためになる情報をまとめました。

更新日: 2015年12月30日

kbutaさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
41 お気に入り 543941 view
お気に入り追加

しばらく会ってなかった人から連絡がきて、こんなことを言われた経験ありませんか。

親しい友達でも、仕事を辞めたり家族が亡くなったりと環境が大きく変わった人から急にお茶・食事に誘われたり。

新しく知り合った人でも、たまに違和感を感じたり…。

「いい集まりが」なんて言われなくても、急に頻繁に誘ってくるようになった友達も要注意。

●パーティーやお茶、食事会に誘ってくる
●向こうから一方的に誘ってくる
●自己啓発本をすすめてくる。
●やたらと夢を語る。夢は何か?と聞いてくる
●人に会い続けているので、すごく忙しい。時間にルーズ。
●すごく尊敬する人ができた、メンターが。。。と言って来る。

それは、ネットワークビジネスの勧誘かもしれません!

ネットワークビジネスとは

難しく言えば特定商取引法第33条で定義される販売形態のこと。

簡単に言うと第三者にそのビジネスを紹介し、入会&商品を買って貰えればいくらかの報酬がもらえるという仕組み。

たいていのネットワークビジネスでは、商品の購入金額から紹介料としていくらかが支払われる

報酬は現金もしくはポイントで払われる。

自分が勧誘した人(子)がさらに勧誘した人(孫)が買った商品からも紹介料をもらえる。

ネットワークビジネスのうたい文句

『紹介制で売っているので、問屋や代理店などを通さず広告を出す必要もないのでその分安く、高品質の商品が安価で手に入れられる』という謳い文句で商品を紹介している人が多いです。

※画像はイメージです。コープさんすみません。

『ネットワークビジネスで売られている商品は健康食品や美容品など、生活必需品・消耗品を売っている所が多いです。
生活する上で必ず買わなければいけない商品を買うだけで報酬が得られる。お得なので他の人にも勧めやすい』と言われています。

『必要な商品を購入し、友達や知り合いに紹介するだけで良いので労力があまりかかりません。
楽して稼げる』といわれています。

ところにより、ネットワークビジネスに入会すると個人事業主としての手続きをしてもらえます。
そうすると必要経費としてもろもろを申告できるので節税になるんです。

※個人事業主で自宅を事務所として登録すると、家賃の数割を必要経費として届けられるので節税になるそうです。

ネットワークビジネスでも普通の会社のように階級のようなものがあり、階級によって報酬などが変わります。

階級は勧誘の成果といった”成績”や、入会金のグレードなどで決まります。
『いっぱい商品を購入し、いっぱい勧誘すればどんどん上の階級に上がれるのでモチベーションが保てます。』

ネットワークビジネスで得た報酬で夢をかなえませんか?これはとても多いキャッチコピーですね。

生活のためのお金を稼ぎながら夢をかなえるための費用をためるのは大変、ネットワークビジネスは働きながら出来るのですぐに夢のための費用がたまりますよ、といううたい文句が多いみたいです。

私はカフェ開業という夢があります。その夢を叶える為にネットワークビジネスの力が必要だと思っています。

良い部分だけ聞いていると、とても素敵に聞こえるけど…

勧誘では教えて貰えないデメリット

商品を購入し続けなければならない。
勧誘して入会して貰わなければならない。
定期的に講習会・勉強会などの集まりに出なければいけない。

やらなければいけないことはちゃんとありますし、それは成果を得ることが結構大変です。

ネットワークビジネスでよくあるトラブルとして、高額商品を売りつけられるというものがあります。

原価に加え紹介料などが組み込まれているわけですから、激安店が多い今、それらの店よりコストパフォーマンスが良いということはほぼ無いですよね。

商品に見合った価格ではなく、販売取引の形をとるために質の悪い商品を売りつけられる可能性が高いです。
それに美容品などは使う人によって効果が大きく変わるので買っても意味ない、というものもありますよね。

報酬を得ようと無理して商品を沢山買って、赤字になってしまうというケースがよくあります。

必要のないものを買ってかかった代金よりも少ない報酬をえるだなんてばかげていますよね。

購入ノルマが設定されている会社もあり、それはたいてい高めなので特にこうなりがちです。

「その月に~円以上購入しないと報酬は払わない」という制度を作っている会社もある

それは大体の所が万単位、結構な高額です。

入会金は安くて5万円くらい、平均10万~30万円じゃないでしょうか。そして月々の費用も1~3万くらい。
かなりの額を払わなけれないけません。

また、昔問題になった携帯ゲームの課金のように、それなりの金額を払わなければまともに利益を得られないような仕組みになっている会社もあります。

ネットワークビジネスは自分が誰かを入会させないと儲けられません。その為入会した人は色んな人を勧誘します。

しかし、いくら合法で気軽に出来る物だったとしても未だに世間のイメージは悪いですし、断る人も多いと思います。

もし勧誘が成功し入会して貰えたとしても、それは恐らく10人に1人以下の確率です。1人を得るために9人と疎遠になるなんて事を続けていたら当然友達は減りますよね。

メリットの方が多い会社もありますが、大体はデメリットが多い”悪いネットワークビジネス会社”です。

すでに勧誘された人、どんな勧誘でした?

「面白い集まりがある」
「為になるセミナーがある」
「友達のパーティ・飲み会」
など、ネットワークビジネスの勧誘であると言わずに勧誘することは”ブラインド勧誘”といわれており、特商法違反です。

ビジネスの内容をきちんと言った上で勧誘の約束をしなければいけないと決められているのです。

『不実の告知』や『誇大広告』など法律を遵守した活動をしない場合は違法になります。(特定商取引)

例えば、医薬品でも根拠なく○○効果がある、××が治ると言ったら問題になりますよね。

勧誘では口がすべってつい「何もしなくても沢山稼げる」「一年で年収が倍になる」など根拠もなく言ってしまう事が多く、これが問題視されています。

上記に当てはまる勧誘は、悪いネットワークビジネスです!

良いネットワークビジネスと悪いネットワークビジネス、見分け方について詳しく説明します

1 2 3





kbutaさん

カクテルや手芸、グルメなど興味があることをまとめています。