1. まとめトップ

ガンダム好き必見!5分でわかる!「ニュータイプ」の意味!

機動戦士ガンダムシリーズに登場する「ニュータイプ」の意味を紹介ガンダム ニュータイプ 一覧ガンダム ニュータイプ 強さガンダム ニュータイプ 意味

更新日: 2014年06月12日

5 お気に入り 97482 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

Gundamaniaさん

ニュータイプって何よ?

ニュータイプって聞いたことありますか?

機動戦士ガンダムシリーズに登場する
「人の革新」とされる存在のことなのです。

聞いたことありますか?

ガンダムのアニメを見たことのある人も、
ゲームでのみガンダムを知っているというような人も
実はNTがどういうものかというのを知っている人はそんなに多くないような気がしたので、今回はニュータイプって何なのかについてわかりやすく解説することにしました。

ニュータイプとは?

ニュータイプ (Newtype) は、「ガンダムシリーズ」に登場する架空の概念である。新しい人類とされる人達を指すが、もともとの概念が曖昧だった事に加え、作品が進むにつれて言葉の意味する事象が広がりすぎたため、はっきりとした定義は困難である。

Wikipedeaでさえ定義づけできない項目があるんですね;^^

凄く簡単に言うと!

宇宙という新しい生活環境に適合しようとする「人類の進化」という事になります。

人類がこれまでサルから進化してきた事と同等で、現在の人類からもう一つ進化した形態ではないかと思います。

しかし、すべての人類がそのニュータイプ能力を身につけられた訳ではないようです。

ジオン・ズム・ダイクンがジオン共和国の独立を宣言するまえから、このニュータイプについて、言及していました。
(このダイクンの子供がニュータイプだったりします)やはり、ダイクンも新しい環境に適合する人種が生まれるのでは、と考えていたのです。

一言で言うと、「宇宙での生活に適応するために進化した人類」ということです。
ガンダムシリーズではニュータイプ以外にも、新人類というのが登場します。
詳しくは割愛しますが、ガンダム00に登場するイノベーターもその一種ですね。

原作者 富野氏の考えるニュータイプとは

富野氏が究極的なニュータイプとする
Zガンダムの主人公「カミーユ・ビダン」

富野は今まで結論の出せなかったニュータイプというテーマに対し、2005年・2006年に発表された劇場版『機動戦士Ζガンダム』(新訳Ζ)において「真のニュータイプとは、今までのニュータイプ論で描いた精神的な共感に加えて肉体的な体感を持ち、それらを隣の人を大事にするために活かすことができる人である」という隣人愛の結論を描き、新訳Ζのカミーユ・ビダンこそ究極的なニュータイプと発言している。

新訳Ζガンダムで一応の結末が出ています。

ニュータイプ特有の能力!

NTは特別な能力があり戦闘では圧倒的な力を発揮します。

ガンダムシリーズの劇中でも何度も
「NTは戦争の道具なのか?」といった議論がされてきました。

人の革新とされるニュータイプであっても、
その力の使われ方が戦争というのは悲しいところです。

このあたりもガンダムシリーズの奥深さにつながっているのではないかなんて個人的には感じています。

実際の戦闘でニュータイプがどのような能力を発揮したかというと


 〇 相手の行動が読める。
 〇 テレパシーの様な能力で誰かの危険など察知できる。
 〇 モビルスーツの性能など 正しく認識できる。
 〇 直感で相手の弾をよける事が出来る。
 〇 ある特殊なシステムを使えば、兵器を遠隔操作できる。

劇中の活躍からニュータイプにはこんな力があることが推測できますね。

また、ニュータイプ同士なら離れていても互いの存在が確認できたり、テレパシーのようなもので会話できたりする。
しかしニュータイプと言えど身体を使った戦闘は訓練でもしない限りオールドタイプと同スペックのようだ。

テレパシーで会話できるのもニュータイプの特有の能力ですね。

機動戦士ガンダムに登場するニュータイプを一部紹介

「機動戦士ガンダム」の主人公
ガンダムに乗ってジオン軍と戦う中で、
その能力を開花させます。

ジオン軍の少佐(機動戦士ガンダム終了時は大佐)
通称「赤い彗星」

実はジオン共和国を作ったジオン・ダイクンの遺児。
父を殺したザビ家に復習をするために正体と素顔をかくしてジオン軍へ。
本名はキャスバル・レム・ダイクン

「通常の3倍の~」なんて聞いたことある方もいるかもしれませんが、その元ネタ?は彼です。

ガンダムとの戦いで、ニュータイプとして目覚めていたアムロ・レイと意識を共鳴させるも、割って入ったシャアをかばい、ガンダムのビームサーベルによりコクピットを焼かれ戦死する。その生と死の狭間のほんの一瞬、アムロとララァは意識を共振させ未来のビジョンを見る。それはアムロにとって希望でもあったと同時に悲劇でもあり、シャアはその意識の共有の外にあったまま、自分の行動が引き金になりララァを失うこととなる。こうして、ララァは、アムロとシャア、2人の男の間に無二の女性として存在し続け、時に彼らを苦しめる「永遠の女性」となる。

シャアの妹にして彼女もニュータイプ

ジオン共和国の遺児、本名アルテイシア・ソム・ダイクン

地球連邦軍の将軍です。

登場、描写と多くはないですが、彼もニュータイプです。

木製帰りの男、シャリア・ブル

あまり登場は多くないキャラクターです。
機動戦士ガンダムの初回放送時には視聴率の関係で番組が短縮されたため、彼が活躍する話がカットされてしまったのだとか。

残念。

ニュータイプ特有の表現!

出典ameblo.jp

額に稲妻が走り、

相手の動きを先読みできたり、

テレパシー?で会話をすることもできるようです。

作品ごとに違うニュータイプの定義

ニュータイプは常人より感知能力が高い。先述の通り反射神経が良かったり、危険回避能力が高かったりファンネルやサイコミュといった特殊兵装を扱えたり出来る。その高いスペックからガンダム外伝BLUE DESTINYのクルスト博士はニュータイプを新人類と表し、オールドタイプの旧人類を滅ぼすのではないかと危惧した。

旧人類VS新人類という構図での対立は多いですね。
ガンダムSEEDのナチュラルと遺伝子操作されたコーディネーターもそんな感じです。

ガンダムXにおけるニュータイプの定義

アフターウォー(『機動新世紀ガンダムX』)を世界観とする作品におけるニュータイプは、「人類の新たなる革新」と明確に定義され、主に専用のシステム(フラッシュシステム等)を作動させることができ、戦況の流れを一変させることができる人達にその呼び名を使用していた。

アフターウォーでは、宇宙世紀シリーズ以上にニュータイプは「戦争の道具」と見なされており、地球連邦(旧連邦)・宇宙革命軍共にニュータイプ専用機を投入したのみならず、ニュータイプを新兵器の生体部品として利用する研究も行われていた。先の大戦で双方とも壊滅した後もなお、この傾向は変わらず、新連邦は戦争兵器としてニュータイプを求めていた。更には、宇宙革命軍では思想統制及び選民思想の道具としてまでニュータイプを利用している。
これに対して、旧連邦のニュータイプ兵士として世界崩壊の引き金を引いてしまったジャミル・ニートは、ニュータイプは新しい時代を切り開くための存在であるべきだと考え、彼らを保護する活動を始め、後に宇宙革命軍の兵士でジャミルのライバルでもあったランスローも、ジャミルの行動や考えに共感を示すようになった

1

関連まとめ