1. まとめトップ

やっぱり冨樫義博は世界一良い人だった!

天才漫画家冨樫義博 HUNTERXHUNTER(ハンターハンター)、レベルE、幽遊白書の作者。49歳。カブラペンを愛用。

更新日: 2018年12月13日

38 お気に入り 774935 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

一日坊主さん

失敗を誉めてくれた

これは「念」のコマのバックの放射線トーンを指定と違う貼り方をし、当時トーン代はめっちゃ高かったし大ゴマの失敗はかなり血の気が引いた思い出。 でも冨樫先生はなんともう一枚放射線トーンを重ねて「こっちの方がいいね。怪我の功名だね」と責めるどころか誉めてくれた。 神かと思った…。(つд;*) pic.twitter.com/MbcxCGxW6i

アシスタントに年2回ボーナスを支給

冨樫義博先生のアシスタントとして活躍していた漫画家の味野くにお先生の著書「先生白書」によると、冨樫義博先生は年に2回、給料の2か月分のボーナスをアシスタントに支給していたという。つまりその月は給料3倍ということになる。1年間に合計4か月分のボーナスがアシスタントに手渡されていたわけだ。

尾田先生と冨樫先生

「24年も昔の話、僕も当時の月例賞に応募し賞を貰いました。その時の審査員は冨樫義博先生。選んでもらったことはずーっと憶えています。冨樫先生もそれを憶えていてくれました」

石田スイ先生が描いたヒソカ外伝を公開

25年間、毎年作品を掲載!!

そんな冨樫さんだが、漫画連載に関する驚異的な記録を保持していることが発覚した。それはなんと、あれだけ休みがちにも関わらず、実は「『週刊少年ジャンプ』に25年間、毎年作品を掲載している」という、意外すぎる事実だ。

冨樫義博さんの25年の『週刊少年ジャンプ』掲載歴
・1989年 『狼なんて怖くない』『てんで性悪キューピット』
・1990年 『てんで性悪キューピット』『幽☆遊☆白書』
・1991年~1994年 『幽☆遊☆白書』
・1995年~1997年 『レベルE』
・1998年~2014年 『HUNTER×HUNTER』

後輩の漫画を絶賛

打ち切られる後輩にエールを送る

「担当伝いに、あの冨樫先生から御褒めの御言葉を授かった…!必ず戻ってきます!<ケン>」

『レディ・ジャスティス』が、今月7日発売の同誌41号にて連載終了となった。しかし、作者・荻野ケン氏の巻末コメントからは、悲しみどころか喜びが感じられ、ファンからも次に期待する声が上がっている。ただ、大多数のジャンプ読者はコメントに書かれた“あの冨樫先生”に目がいくようだ。

「高台家の人々」3巻に推薦コメント

1月23日に発売される森本梢子「高台家の人々」3巻の帯に、「HUNTER×HUNTER」の冨樫義博が推薦コメントを寄せている。

るろうに剣心完結に一人コメントを送る

NARUTO連載開始号のWJをちょっとだけ読もうとしたら全部読んじまった。るろうに剣心の完結号でもあったワケだけど巻末でのお疲れコメントは冨樫先生だけだった。そもそもお疲れコメントってこの頃はあまりなかった気がするけど。

ちょうど15年前、るろうに剣心が連載終了した時に巻末コメントで労ったのが冨樫だけという事実

るろうに剣心終了の回でお疲れ様コメントしてるのがよりによって冨樫先生だけっていうwwwww pic.twitter.com/NXdrvRiSnF

ナルト連載開始号の作者コメント、冨樫だけがるろうに剣心の作者にお疲れ様コメントしてる。

剣心終わったのに、富樫しかコメント描いてくれてない・・・(´・_・`)

1 2 3