出典 photos.nikkansports.com

和田豊

1年目の1985年は控え内野手としてチーム初の日本一に貢献。勝負強く三振の少ない打撃を買われて徐々に1番に定着。暗黒時代の阪神をチームリーダーとして引っ張った。守備にも定評があり、1992年から3年連続で二塁手としてゴールデングラブ賞を受賞した。
暗黒時代のファンは和田の打率と守備が唯一の希望であった。

この情報が含まれているまとめはこちら

このまとめを見る