1. まとめトップ

失敗するとサウナ地獄!?快適な屋根裏収納を作るために知っておきたいこと

建物面積や予算の関係で収納に使える場所が限られている場合に選択される屋根裏収納。実際に屋根裏収納を作った方の意見をまとめるとともに、少しでも快適な屋根裏収納を作る方法をまとめました。

更新日: 2014年06月18日

80 お気に入り 494200 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

tomohanさん

屋根裏(法律的には小屋裏収納)収納とは

小屋裏収納やロフトも制限を守れば容積率として計算されません。
小屋裏は、天井の高さ1.4M以下のものとされています。
小屋裏収納の床面積は、小屋裏を作る下の階の床面積の半分以下と決められています。
基本的に、小屋裏収納とロフトは固定階段が禁止されていることも多いのですが、自治体によっては許可されている場合もありますので作る場合は各自治体に確認して下さい。

小屋裏収納やロフトを認める条件は建築関連法令で決められていますが、この基準を守らないと小屋裏収納として認められず、床面積に算入されたうえに「階」として判断され、例えば2階建ての建物が3階建てであると指摘を受ける事になります。

容積率は地域の環境を守られるために決められているもので建ぺい率とセットで、建物の大きさを制限するものです。建ぺい率は敷地面積に対する建物の土地の割合を示すもので、容積率は敷地に対する床面積を持つ建物を建てられる面積の上限を示します。例えば40坪の土地の場合で建ぺい率60%容積率200%とすると、建物面積は24坪、延べ床面積は80坪ということになります。

容積率や予算の都合で思ったように家の広さが確保できないけれど、収納を増やしたい場合の対策として屋根裏収納(法律的には小屋裏収納に当たるもの)が人気です。

屋根裏収納以外の小屋裏収納のタイプもいろいろ・・・
1Fの天井裏に設置する=2Fの間に収納を設けるタイプやロフトなども。

天井収納に限らず、『床面積の1/2かつ天井1.4mである』という部分は絶対のようです。アクセスに関しては固定階段OKの自治体と固定階段NGの自治体があるようなので、ハウスメーカーや建築士さんに要確認ですね。固定階段NGの場合は屋根裏収納まで上がるのに取り外し式か収納式の階段が必要となります。

屋根裏収納のメリットと活用方法

実際に屋根裏収納を設置している方の利用法、設置してよかったといった意見を集めてみました。

季節物や常時使わない物を屋根裏に置いていますが便利ですよ。 屋根裏設けるなら、制限一杯の高さで広めにして 通路を確保すると整理しやすく良いと思います。 また、窓を複数設けておき通風できるようにすると 夏場は1,2階の熱気も逃げて快適ですよ。 子育て期間は物がどんどん増えますので助かっています。

パソコンの箱、扇風機、加湿器、スーツケース、クリスマスツリー、古着やら何やら、物が増えていく度に使ってます。
確かに、階段を下ろして物を上げ下げするのはたいへんなのですが。(歳を取ったらどうなるのか)でも、収納は多い方がいいかと思います。

我が家は中古住宅を購入しましたが、決め手はこの広い屋根裏収納でした。4畳半ほどあります。階段も、折りたたみ式のものですが、両手に物を持って上り下りできます。納戸があればそれに越したことはないでしょうが、そのスペースをとることが難しい場合、とても有効だと思います。

衣装ケースいっぱいに入った服はとても重たいですが、小分け収納することで軽く持ち運べるようになります。 小分けできるものは小分けして運ぶようにして、屋根裏でまとめて収納すると良いですよ。 工夫次第で使える収納になります。

私たちは、何も気にせずに使っていましたが、特に問題は無かったですよ。アルバム、本、衣類(プラスチック収納ケースに入れて)、布団、アクリル絵の具は置いていました。あと、カメラ(フィルムタイプのモノ)、革のバッグなども。ただ、汚れやすい場所なのでケースや密封できる袋などに入れておく事をお薦めします。だだし、精密なモノは避けた方が無難です。

自宅に付けましたがそれなりに重宝してます。 夏場は当然に暑いですがそう長い時間いるわけでもないので自分はさほど問題にはしてません。
使用状況ですが、はっきり言ってなかなか捨てられない物の収納場所になってます。 子供が赤ちゃんの頃着ていた服やおもちゃなんか捨てられなくてしまってあります。それと本や学生時代にアルバイトして買ったオーディオとか思い入れがあってなかなか捨てられないものばっかり置いてます。
外に物置もありますがやっぱり服とか本とか入れる気になれないしね。

頻繁に使うもの、重いもの、繊細なものには向かないようですが、収納力は格段に上がりますので、使う頻度が少ない季節もので軽いものなどを仕舞っておくには重宝するようですね。季節外の服などは小分けにして収納すると出し入れしやすそうです。

屋根裏収納のデメリット

実際に屋根裏収納を設置している方が感じている屋根裏収納のデメリットをまとめてみました。

私の家には小屋裏収納がありますが正直、出し入れが大変でほとんど使わない物だけを入れています。稼動式の梯子に荷物をもって昇降するのは大変です。

義両親宅に屋根裏収納があります。収納タイプの階段と、後から作り付のハシゴを設けましたが 荷物の出し入れは大変です。 重たい物は結局息子に上げてもらっていますので とても不便そうです。 軽い物なら良いのでしょうが、歳をとってから屋根裏に上がるのはかなり大変になると思います。

重いものをあげてしまうと確かに入れっぱなしです。断熱がそこはきいてないのでひな人形も入れられません。古い毛布や洋服、トランク等が入っていました。後は小さめの敷きものや分解した小家具でいつか使われる日を待っているようですが・・・日の目は見ないでしょうね。^^;

ウチの屋根裏部屋は断熱材の外側なんですが、スライド式ガラス窓の温室効果もあって夏場は蒸し風呂状態です。収納にもほとんど使ってなく、空きスペース状態です。 高温になるので、収納する際もモノによって大丈夫か、不安がありますし。

リフォームで屋根裏収納を作りました。内部は窓なし、収納から天井裏に出るためのさな出入り口のみ付けました。夏は46度くらいまで上がります。ホント、サウナ状態です。

デメリットをまとめると

①暑さ・湿気がこもる
②収納はしごとなる場合のアクセス面の問題

に集約されるようです。暑さ・湿気は上った際の不快さ以外に、暑さに弱い機器類や湿気を含みカビやすいものなどを収納できるデメリットを考えておく必要がありますね。
また、空間的に広くても出入り口の開口が狭く、幅も狭い急な梯子式階段を上り下りしてしまう場合は重いものや大きいものを収納するのは難しそうです。

季節ものの大型家電や布団などを仕舞うことを目的に作ったものの、重くてかさばる季節用品を仕舞うことは難しく、思ったように使えないといったジレンマを感じている人も多い様子。ひな人形など繊細なものも湿気が多いことを考えると収納するのは考えてしまいますよね。

作る場合は「何を仕舞うことを目的に作るのか?そしてそれは可能なのか?」を考えておかねば失敗だったと頭を抱えることになりそうです。

とはいえ、やっぱり収納増えますし、空間として憧れてしまうんですよね~(><)

屋根裏収納には大きなデメリットがあることはわかったのですが、延べ床面積には限りがありますし、住居空間を狭めず収納力が格段にUPするメリットは大きいですよね~(><)

簡単にあきらめがつかない!!!ってなわけで、「暑さ・湿気」「収納へのアクセス」に対するデメリットをできる限り軽減する方法がないかを調べてみました。
結果的に「暑さ・湿気」に対する対策方法はいろいろありましたが、階段に関してはあまり対策方法がありませんでした。次にまとめます。

1 2