1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

素敵すぎる…新しい音楽の潮流、ダニ・グルジェルとノヴォス・コンポジトーレス

サンパウロで新しい音楽の潮流 「Novos Compositores(新しい作曲家たち)」が盛り上がりを見せています。ジャズやボサノヴァ、ブラジル伝統音楽といった上質な音楽を基調に新たな才能が次々生まれるこのムーヴメントと、その中心人物であるアーティスト、ダニ・グルジェルを紹介します。

更新日: 2015年02月10日

286 お気に入り 29072 view
お気に入り追加

サンパウロから新しい音楽の潮流

ダニ・グルジェル&ノヴォス・コンポジトーレス
女性アーティスト、ダニ・グルジェルを中心に広がるサンパウロの新しい才能の輪。

かつてボサノヴァが生まれたころのムーヴメントように、新しい作曲家たち”ノヴォス・コンポジトーレス”によってサンパウロを中心に新たな音楽シーンが築き上げられています

1958年誕生のボサノヴァから半世紀。ブラジル最大の都市サンパウロを中心に今、新たな音楽の潮流が沸き起こっています。

直訳すると「新しい作曲家たち」という意味

Novos compositores = 新しい作曲家。新しい感性でハイレベルに紡がれる、この世界でもっとも幸福な音楽のひとつ。

世界中からアート感覚が持ち寄られ発展・展開してゆくサンパウロの音楽シーンから、一際可憐で贅沢な至福の音楽

ダニのアルバムから広がるサンパウロのMPBシーンのピープルツリーは、現在進行形で広がり続けている

そしてそのシーンの中心にいるのが、1985年生まれの女性アーティスト、ダニ・グルジェルです。

ノヴォス・コンポジトーレスの中心人物、ダニ・グルジェル

ダニ・グルジェル
1985年、ブラジル・サンパウロ生まれのコンポーザー、ヴォーカリスト、プロデューサー、カメラマン。

ピアニストの母とサックス奏者の父を持つダニ・グルジェルの廻りには常にインストゥルメンタル音楽があった

15年にわたって、いろんな楽器を演奏しながら、ダニ・グルジェルは本当に心から愛するものを見出した。それは彼女の声。

さまざまなバンドでサックスやベースを担当してきながら、最終的に彼女が辿り着いたのは自身の「声」でした。

パフォーマーとしてのダニの歌声はストレートで飾り気がなく、その意味ではハリウッド・スタイルのジャズ・シンガーとも、ブラジルでポスト・ボサノヴァを担ったMPBとも一線を画するもの

素直かつ、とても美しい声を持ったシンガーです。

ダニの魅力はなんといっても形容しがたい歌声にあります。彼女の声は心地良いんですよね。

ノヴォス・コンポジトーレスと「無料の音楽」

ダニは現在、大胆なプロジェクトにチャレンジしている。それは“Musica de Graca”(無料の音楽)。

ダニの廻りに繋がっている豊かな才能を集結して発信しようというプロジェクト

サンパウロを中心にあまり知られていないアーティストの発掘や、優れた才能の組み合わせによって生み出される新しい音楽の紹介などに取り組んでいます。

若手やベテラン問わず、フレッシュな顔合わせから生まれる音楽をダイレクトにリスナーに届けるというもの

Musica de Gracaのサイトでは、素晴らしいミュージシャン達のリラックスした演奏動画が多数視聴、ダウンロードできます。

ファイルをダウンロード配布する際に PAY WITH A Tweet に設定したリンクを経由させることで、利用者に twitter か Facebook へ必ず投稿させる仕組みだ。言い換えればファイルを落とさせる交換条件としてソーシャルでクチコミ宣伝してもらうという訳。

Musica de GracaではSNSへの投稿を条件に音楽ファイルを無償でダウンロードすることができます。

ジャジーな魅力。ダニ・グルジェル 演奏動画

聴いていて気持ちのいいジャジー&グルーヴィーなナンバー。ダニ・グルジェルのストレートな歌も素敵だし、母親のデボラ・グルジェルのピアノもセンス抜群です。

ブラジル新世代のミュージシャンたちに引っ張りだこのヴォーカリスト、タチアナ・パーハとの共演。
木管楽器のアレンジも美しい。

2008年のファーストアルバム “Nosso” からの1曲。
爽やかなブラジリアン・ジャズ。

どれも良質すぎる! “ノヴォス・コンポジトーレス” おすすめ動画

ギター&ヴォーカル、ピアノ、パーカッションのトリオ。
ジャズ、ファンク、ソウル、MPBなど良いとこ取り。素晴らしい!

しっとりしたヴォーカルを聴かせるアコーディオンのアドリアーナ・サンチェスは、Barra da Saiaという人気バンドでも活躍。

サンパウロのバーからキャリアを積み重ね、今では世界でその実力を認められる大物サンビスタ、ファビアナ・コッツァ。
一方、独特のチューニングが施された5弦ギターで近年話題のチガナ・サンタナ。
熟練の歌手 × 新しい才能の絶妙な世界観に耳を奪われてしまいます。

日本でも1stアルバム「Ludico Navegante」が大絶賛され、注目を集めるシンガーソングライター、ファビオ・カドーレ。
ゴスペル・コーラスグループのGrupo Eccoとの共演。

ローズピアノ、サックス、ベース、パンデイロで演奏される優雅なショーロ。
ローズを弾くパウロ・ブラガはブラジル古典音楽から現代音楽、ジャズまでをクロスオーヴァーした音楽性で知られるアーティスト。

1 2





質を大事に、自分なりの視点でまとめを発信していきます。

【得意分野】
IT
スマートフォン
音楽
雑学
子育て
レッサーパンダ

よろしくお願いいたします!