1. まとめトップ

【翻訳】Chicken Pesto Sandwiches With Birdy

本まとめは 2014年6月5日掲載のmyspace.com 「FREE LUNCH—Chicken Pesto Sandwiches With Birdy」 の和訳になります。

更新日: 2015年03月19日

0 お気に入り 1682 view
お気に入り追加

フリー・ランチ チキンペストサンドイッチをバーディーと

18歳のシンガーソングライターはその彼女のアルバム「Fire Within」を手に翼を広げ飛ぶ、今まさに世界を理解しようとしているティーンエイジガールのスナップショット。

西ハリウッドのウルズカフェのパティオに座っているそのブルネットの若い女性はアイスティーを覗き込みながら、友人と会話を弾んでいた。彼女はハイウェストのデニムのショーツ、黒色のタイツに同じ色のクロップドシャツのいで立ちで、またレストランのパトロンたちもこの18歳に気を留めてはいないようだった。

しかし彼女がそのドリンクから目を上げると、暗色のサングラスの向こうから笑顔を見せ、暖かく握手を交わしに手伸ばして来たそれは、彼女がただの"L.A."でないことは明白だった。ティーンエイジャー、これは世界中のチャートを吹き荒らし、過去数年間イギリスの最も有望な若手アーティストの一人となったシンガーソングライターBirdyその人である。

Birdyが興行的に音楽をリリースして以来、彼女は英国のシングルヒットチャートで1位をとり、ハンガー・ゲームを含む3つのメジャーな映画に楽曲を提供し、マムフォード&サンズのクレジットでその「Learn Me Right」によりグラミー賞にノミネートされ、また米国公演と同じくヨーロッパでも、オーストラリアでもツアーを行なってきた。彼女の2作目のアルバムとなるファイアー・ウィズイン(14th Floor/Atlantic)は昨年9月にイギリスを振盪し1ダースの国々のチャートtop10を散らかした後、ここ合衆国でも去る6月3日、発売された。

けれども彼女は今しがたトマトを摘み取るべく彼女の前に到着したチキンペストサンドイッチの上端を取り除くと、Birdy、このイングランドでは両親と暮らしている彼女は、まだ気持ちではこのライフスタイルに慣れていないのだと認める。

「家族と離れてこう長いというのは何か変な何かおかしな感じがします」 ツアーと、彼女の最新のアルバムをレコーディングしたロサンジェルスの街で過ごした時間について。 「私は学んでいます、けれど」 彼女は恥ずかしそうに笑って付け加えた、「でも同時に、それも好きです。」

1996年、Birdyはグレートブリテン島の南の海岸線にある小さな海辺の町に産まれた。5人兄妹の中の3番目で、彼女は小さな時からピアノを弾き、また歌い始め、そして彼女が自分で曲を書き始めたのは8歳の時のことだ。

それは2008年のこと、彼女が12になった時に全てが変わった。Birdyは彼女の自曲のうちの一曲を歌っているところを自分でビデオを撮り、Youtubeに上げた。同じ年、"Open Mic UK"、イギリスで最も大きな歌謡コンテストの一つに参加した。数ヶ月のうちに、彼女はそのタレントコンペティションにのべ1万人の競争者の中から勝ち抜き、またレコード会社のエクゼクティブがその彼女のビデオを見て彼女はレコードのオファーを受けた。

「クレイジーだった」 大きな碧色の目をした長く陶磁器のように白い手足の姿の彼女が彼女のステージネームに全く合うBirdyはそう言う。 「一遍に来るには多すぎることでした」

そこから彼女のキャリアはまわりの雪を取り込んで雪玉が坂を転がるようだった。彼女は一連のカヴァーソングのレコーディングを始め、2011年の1月に彼女の初のシングルとなる作品、Bon Iverの「Skinny Love」をリリースする。この曲はオリジナルではほとんど骨っぽいフォークソングのチューンに近いのだが、Birdyの手で沈痛で消音感の響くものに編曲された。彼女の声がメロディーのトップで踊り音と音とをたやすくひらめいて戻る様はその歌が彼女の原曲なのではないかと思わせる。

これはYouTubeで今1050万回以上再生されている。

ただなるものがなるように来ただけなんですと目の前の皿の上のレタスの積み重ねを押しながら彼女が言う。 「とても自然なことだったんです。私はBon Iverが好きです、なにかその歌にはそこに本当に脆くて、ええそれは私好みのことです、ソフトで、悲しくて。それになにか私の作詞にも似ているところがあるような気がします。」

当曲は英国シングルヒットチャートで1位を叩き出し、続いて同年の10月には彼女の初めてのアルバムをリリースした。この自身の名前のついたスキニーラブの他ポスタルサービスの「The District Sleeps Alone」、ジェームス・テイラーの「ファイアー・アンド・レイン」を含むカヴァーアルバムは英国で13位、ベルギー、オランダ、オーストラリアで1位となった。

それからハンガー・ゲーム、メリダとおそろしの森、The Fault In Our Starsそれぞれの映画に楽曲を提供している。そして今年は同じくシンガーソングライターのクリスティーナ・ペリーと北アメリカツアーを行った。

「サポート役的なことをするのは初めてのことでした。」 「楽しかったです。プレッシャーを下ろすことは、その手のことはすごく大好きです。」

とはいえこの3年間は記録的なものだった。彼女の最新のアルバム、Fire Withinはどれだけ彼女が成長してきたのかを証明している。この作品は今回カヴァーではない、全て彼女自身の、朝4時に(何かその時間にはエキサイティングするものがあるとか)、度度彼女によって書かれたものである。声の中にある危うさは去っていませんが、しかし彼女はテイラー・スウィフトライクな質を培っています、彼女の感情的な誠実さの中にある自信と芯の強さです。また彼女のガラス結晶のような煌めきのあるソプラノの佳肴は今でも残っている一方、 「だんだん低くなってきています」 と彼女のナチュラルの声で彼女は言います。

彼女の文筆の多くはまた自身の成長と構造的シフトから来ているものである。 「All About You」、学校に一緒に行っていた親友との関係を扱ったもの。 「遠くなる、けれどそれからまた集まる、」「ケンカもするけれど [その歌] はそういう深刻なものじゃないんです。どれだけ自分があなたを愛しているかを言っているものなんです。」

「Wings」 友達と初めてミュージックフェスティバルに行った時のことを書いたもの。

「 [お祭りにたどり着くのに] 、それはそれは長すぎる道のりだったんですよ」 「とにかく電車と電車に乗ってバスに乗って、それで私達がそこに着いたら、うんまるで、モンスーンタイム、雨降り。でもすごくそれで好きだった。とても楽しかった。ただ最愛の親友と一緒にいて、ただ家からとおくとおく離れたところにいて、それでただ初めて自由に感じたことが。」

そんな独立の味と共に、Birdyはイングランドに戻り家族と過ごす計画を立てている。粥がけたようなこの数年間の後に与えられる報酬だ。ほとんどの彼女の友達たちは今や大学へ行っている。そしてひとたび彼女がホーム帰れば、彼女の人生は彼らとはラディカルに異なる軌道を採って来たのだという事実に否応なく向かい合わなくてはならない。

けれど、多くの点で、これはもうすでに彼女が取っ組みあってきた現実なのだ。彼女の広報係が私達に10分の警告を与えてきたように、つまりBirdyにはこれが終わっても今日の仕事はおしまいと言うまでにはまだもうひとつのインタビューが街の別のサイドで残っている。彼女が”ホーム”を離れて以来、彼女自分自身が友達と距離を感じたことはありますかと尋ねました。

あわてることもなく、彼女は上を見て、緑色の瞳は彼女の年齢のずっと向こうまで、理解していることの奥行きを露していた。

「距離はありますよ」 と、彼女は笑みを浮かべずに言い、 「思い出は全てあるけれど、今起きていることは本当に伝えることはできない。友達は 「どうしたの?」 私は 「何もないよ」 みたいな。」

1 2





Birdyさんの信じがたい才能を追うと共に和訳している身体サイズ完全1テイラー・スウィフト長の者です。
いやいや、本職は必ずBirdyを勝たせる、いや、Birdyに勝ちをとって頂きたい。