1. まとめトップ

コンビ仲最悪芸人Wコロンのねづっちと木曽さんちゅうが解散の危機

とあるテレビ番組でお笑いコンビ・ナイツの塙宣之がWコロンのねづっちと木曽さんちゅう二人が不仲になっており解散の危機であることを明かしました。

更新日: 2014年08月22日

2 お気に入り 125218 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ねづっち(左)
木曽さんちゅう(右)

2010年に謎かけ漫才で大ブレイクしたお笑い芸人コンビであるWコロン。ブレイク当時はお二人での共演をテレビでよく見かけたものですが、最近ではコンビでの出演はめっきりと減っており、ねづっちさんが1人でバラエティ番組等に出演している状況です。

そんな中、とあるテレビ番組でお笑いコンビ・ナイツの塙宣之さんがWコロンの二人が不仲になっており解散の危機であることを明かしました。

日本テレビ系『芸人報道!帰ってきた1時間スペシャル』で、ナイツ・塙宣之がお笑いコンビ・Wコロンの不仲を暴露

塙は「禁断の衝撃ニュース大告発」というコーナーで「今、最も芸人情報に詳しい人物」として登場。「Wコロンの仲の悪さがMAXにきている」と報告した。この報告にスタジオでは「仲悪いんや」と驚きの声が口々にあがった。

 ねづっちが「謎かけ」でブレイクした後、相方の木曽さんちゅうが嫉妬したのが発端だったという。最近では漫才するときも目を合わせようとしないほか、謎かけを披露する際に木曽が担当していた「その心は?」という部分も、ねづっちが巻き取って一人で喋っているとのことだった。

 そんな2人を見かねて、カンニング竹山の番組で仲直り企画を実施するも効果なく、その収録以来もっと仲が悪くなったという。

 ネット上では不仲に対して「Wコロンの仲の悪さがMAXにきてるwwwwww」と面白がる声のほか「ねづっちじゃない方面倒臭そうだったもんなあ」と納得する反応が寄せられた。

「行列のできる法律相談所」に出演し、「解散で腹くくってる」と言い切った

“芸人イチ仲の悪いコンビ”としてお笑いコンビのWコロンが17日、日本テレビのバラエティー番組「行列のできる法律相談所」に出演し、「解散で腹くくってる」と言い切った。

 結成して10年になるコンビ。2010年「整いました」のフレーズで人気者になった。しかし、芸人の間では今はすっかり不仲で有名になってしまったという。

 番組MCの東野幸治が「コンビ仲悪いの?」と尋ねるとねづっち(39)は「めちゃくちゃ悪いです」と即座に認めた。

不仲の理由についてねづっちは「一言でいえば(相方の木曽の)嫉妬。『整いましたってフレーズはオレが作った』って言ってる。しかも『お前ばっかり目立ちやがって』って怒鳴りつけられました」と不満をぶちまけた。

 木曽さんちゅう(43)は「(ねづっちは)自分が人気者だという自覚が身についてきちゃった。天狗に見える。態度もすごい上から。スタッフと打ち合わせ中にスマホが鳴ったらそのままスマホを触っている」と詳細に指摘した。さらに木曽は「彼がブレイクした4年前から会話が無くなった」とも話した。

さらにねづっちは「(自分が)1人で呼ばれた仕事に(木曽は)出ないのに来る。頑張れよくらい言ってくれればいいです。でも、ただ、むすっと座ってるだけ」とグチると木曽は「出ないのに来るってなんすか、それ!」と本気モードで怒りをあらわにした。これに、ねづっちは「来たじゃない」と反論。木曽は「いつの話?」などと番組内で言い合いを始めた。

 あまりの不仲ぶりに東野が「解散は考えたことはないの?」と質問。木曽は「彼(ねづっち)が解散と言い出した時には、僕はもう腹くくってます」と言い切った。

 しかし、番組内でお互いにいい点をほめ合い、ハグし合う写真を強制的に撮影。解散はすぐではなさそうだ。

Wコロンの芸風

2010年ブレイクしたきっかけとなったネタは「謎かけ漫才」です。謎かけのお題を出されたらねづっちが「整いました!」と宣言し「○○とかけまして、○○と解きます」と謎かけに入り、相方の木曽が「その心は」と言ったのち、ねづっちが答えを言うというもの。
お題を出されてから謎かけを披露するまでが異常に早く、アドリブで謎かけをされても即興で応えて上手いのでお茶の間からの人気を獲得しました。

また、ねづっちが答えを言った後ジャケットの襟を持ちながら「ねづっちです」という決めポーズがあります。

Wコロン・ねづっちが語る「謎かけの作り方」

テレビでWコロンの謎かけを見ていたとき本当にすごいなと思ったものですが、この謎かけの作り方をWコロンねづっちさんはこのように述べてます↓↓

Wコロンのねづっちと言えば、即興での謎かけが得意であり、アメトーーク!での町工場芸人で披露したことがきかっけでブレイクした。

まず始めに、『ゴルフ』というお題がリスナーからメール投稿されると、ねづっちは数秒で「整いました!『ゴルフ』と掛けまして、『市立船橋高校』と解きます。その心は、『OBはペナルティ』」と答えていた。

さらに、「玉置浩次さんとかできますか?」とリスナーからのメール投稿があると、ねづっちは「整いました!玉置浩次さんと掛けまして、『立ちはだかる壁』と解きます。その心は…」と、以下のように答えていた。
「その心は、『のりこえます(典子 得ます/乗り越えます)』」と謎かけを披露し、バナナマン設楽も「上手い!」と大絶賛していた。さらに、「色んなこと知ってなけりゃダメだよね。どうやっているの?色んな引き出しがパパパパッて開くの?どこから考えるの?」と訊いていた。

これに対し、ねづっちは「オチから考えます。玉置浩次さん→青田典子さん→典子→のりこえます…っていう感じで。さらに、そこから何で解くかを考えます」と話していた。

プロセスとして、お題(たとえば、玉置浩次)から連想されるオチ(のりこえます)を考え、オチを導き出す答え(立ちはだかる壁)を答える、ということをねづっちは行っているそうだ。

視聴者からの生電話でのお題に対してねづっちが答えるという番組。本当にすごい!!!

確かに当時はねづっちさんにスポットライトがあたっていたので、相方の木曽さんちゅうさんが嫉妬してしまうのも無理はないのかもしれませんね。

ですがお笑いは人気不人気が入れ替わりやすい世界です。同じくお笑いコンビであるレイザーラモンはレイザーラモンHGさんが先にブレイクして目立っていたものの、現在ではレイザーラモンRGさんが〇〇あるあるネタでブレイクして反対に目立っています。しかも最近では二人で漫才を披露することもあります。

ねづっちさんも最近では当時ほどの人気はなくなってきているのも事実ですし、ここで腐らずにコンビ二人助け合いながらコンビ仲を良くして楽しい漫才を披露して欲しいですね(^^)

1