1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

知ってる?6月16日は『和菓子の日』!

6月16日は『和菓子の日』。その由来は、厄除招福を願い、平安時代に始まって江戸時代まで続いた『嘉祥(かじょう)』の行事が行われた日だそうです。

更新日: 2015年06月06日

43 お気に入り 28456 view
お気に入り追加

■6月16日は『和菓子の日』!

昭和54年(1979年)に全国和菓子協会が制定しました。

■『和菓子の日』の由来は平安時代に始まった行事

かつて、6月16日には菓子を食べて厄除招福を願う、嘉祥(かじょう)の儀式が宮中や武家で行われていました。

「嘉祥」とはその字の通りで「めでたいしるし」という意味があります。

848年(嘉祥元年)6月16日に、仁明天皇が御神託に基づき、16個のお菓子やお餅などを神前にお供えし、疫病を除け健康招福(けんこうしょうふく)を祈願したことが始まりです。

江戸時代には、江戸城の大広間に約2万個の菓子が並べられ、将軍から大名や旗本に分け与えていました。

この『嘉祥の日』を現代に復活させたのが「和菓子の日」です。

■『和菓子の日』にちなんだ期間限定の和菓子

とらや「嘉祥菓子7ケ盛」

江戸時代末期、同店が御所に納めていたものを原型とし、7種類のお菓子を一組にして土器(かわらけ)に盛ったものです。

個々に派手さはありませんが7種盛られた姿は迫力があり、ハレの日の特別な雰囲気が感じられます。

とらや「福こばこ」

子孫繁栄の縁起物、瓢箪を模した道明寺製の「なりひさご」に紅白の煉切製の「はね鯛」、赤飯を模した「御目出糖(おめでとう)」の3種類が入り賑やかです。

たねや「吉兆嘉祥」

こしあんを包んだ団子生地に、亀甲に見立てた道明寺をあしらいました。

1





やまぐちたくみさん

関心の赴くままに、いろんなジャンルでまとめています。