1. まとめトップ

義援金欧州1位のセルビアと日本の思いやりの関係

セルビア共和国は東日本大震災の際にいち早く多くの義援金を日本へ送ってくれました。そのセルビアが現在大洪水で大変なことになっています。そして日本から恩返しの支援の動きも徐々に広まっています。

更新日: 2014年06月08日

9 お気に入り 57536 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

一瀉千里さん

セルビア共和国とは?

かつてのユーゴスラビアに属した地域の中央に位置しており、政治的にもその中心となる国であった。

人口は約900万人、国土の面積は北海道程で、首都はベオグラードです。
セルビアの2012年の国内総生産は、IMFの試算によると約372億ドルであり、山形県とほぼ同じ経済規模である。また、同年の一人当たりのGDPは4,916ドルであり、世界平均のおよそ半分である。

東日本大震災の直後セルビアで沸き起こった支援の数々

日本人との連帯を表現するセルビアの人々

セルビアは親日家が多く東日本大震災の際には、平均月収4万円前後で失業率20%にもかかわらず、 1か月後にはヨーロッパで第1位の募金を送ってくれました。

セルビアが欧州一の義援金を贈ってくるほど親日な訳とは

紛争が続いた90年代、セルビアに民主政権が誕生すると国造りの為の支援が日本から次々と届けられた。生活に欠かせないバスもその一つで、日の丸を付け今も100台近くが運用されている。

セルビアと日本の結びつきから夏の風物も生まれている

蚊取り線香の歴史は除虫菊の原産地セルビアから渡って来た種の栽培から始まっている。
キンチョウの本社は今、セルビア名誉総領事館になっている。

2014年5月16日に観測史上最悪の洪水で危機的状況のセルビア

全人口の4分の1が暮らす地域と農地が壊滅状態になった。
経済損失は計り知れないという。現在も数万人の人が避難生活を
してるそうです。

セルビア被害の暫定値は15億~20億ユーロ(2700億円程度)で、GDPの約7%に相当する。被害は最大で10%まで増える可能性もあるとのこと。

日本からセルビアへの恩返しの支援が始まる

セルビアは名古屋グランパスのストイコビッチ前監督の母国である

横浜市のカクテルバーは客の賛同もあり、20万円を大使館に寄付したそうです。

29種類のTシャツが販売されており、1枚につき
1,080円 ~1,380円の寄付となるそうです。

http://hoimi.jp/contest/save_serbia

大使館経由で寄付する方法が幾つかあります
・現金を直接持ち込む
・現金書留で郵送する
・口座振込

他にも寄付する方法が幾つかあります
・「Yahoo! JAPAN 基金」経由で寄付する
・PayPalでセルビアへ直接寄付する
・外国送金する

詳しくはセルビア大使館のHPでご確認ください
http://www.tokyo.mfa.gov.rs/jpn/index.php

1