韓国高等裁判所が戦時徴用された韓国人の日本企業に対する賠償請求を認めた。戦時、日本が韓国民に多大な苦痛を与えたことは事実であり、そのことについては反省やお詫びをしてきた。しかしこのような話は、1965年の日韓基本条約や請求権協定で最終解決したはずだ。

返信 リツイート いいね

2012年5月24日、韓国大法院の判決で旧三菱重工業の戦時徴用に関する賠償請求を認めた。その後、日本による朝鮮半島の植民地支配に関わる訴訟では、韓国側に有利な裁判所の決定が出ている。

次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【1965年】日本人なら知らなければならない「日韓基本条約」の基礎知識

日韓問題を語る際によく登場する「日韓基本条約」。1965年に締結されたこの「日韓基本条約」を再確認したうえで従軍慰安婦問題や、靖国神社参拝問題、『謝罪』と『賠償』を求め続ける韓国についてもう一度考え直してみませんか?

このまとめを見る