1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

【オーストリア】世界で最も美しい湖畔の町ハルシュタット

オーストリアのハルシュタットは、世界の湖畔で最も美しいと言われる人口千人ほどの小さな町。古くから岩塩の町として栄えてきたハルシュタットの町と湖畔の一帯は、その景観の美しさからユネスコ世界遺産に登録されています。

更新日: 2019年03月21日

330 お気に入り 54546 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

■世界で最も美しい湖畔の町

オーストリアやザルツブルクの写真や絵はがきには必ずと言ってよいほど登場する美しい湖畔の町、それがハルシュタット(Hallstatt)です。

湖畔に広がるこの小さな町とこの湖畔一帯は、その景観の美しさから、「ザルツカンマーグート地方のハルシュタットとダッハシュタインの文化的景観」として、1997年にユネスコ世界遺産にも登録されています。

■ヨーロッパ随一と言われる景観

標高500~800mほどの高原に氷河が造った70以上もの湖が点在するザルツカンマーグート地方。

この地はオーストリア帝国皇帝フランツ・ヨーゼフ1世が別荘を設け、映画『サウンド・オブ・ミュージック』の舞台にもなった景勝の地。

湖と山の斜面に挟まれたハルシュタットは、人口千人の小さな町です。

湖畔に家々が並び立つ景観は、オーストリアの代表的な風景として観光ガイドに用いられ、近年では観光地として脚光を浴びている。

■岩塩の町として栄えてきたハルシュタット

町の名ハルシュタットのハルはケルト語で「塩」という意味。

ハルシュタットには、世界最古といわれる2500年以上も前の岩塩坑があり、現在も採掘が行われています。

ハプスブルグ家はハルシュタットを直轄地として、手厚く保護した。

岩塩の恩恵もあって、ハルシュタットの「世界の湖畔で最も美しい」と讃えられる景観は保たれてきたのです。

1